記事

離婚の貴乃花 景子さんは泣きながら「協会に残るべきだった」

11月3日、福岡の「炭坑節まつり」にそろって参加していた景子さんと貴乃花

今年の夏、タイトなTシャツ姿の景子さん

11月3日、福岡の「炭坑節まつり」にそろって参加していた貴乃花と景子さん

 10月上旬、都内の閑静な高級住宅街。その中にあって、10台以上の監視カメラが設置された瀟洒な邸宅は、異様な雰囲気を醸していた。夕方6時前、花柄のロングスカートに淡い黄色のカーディガンを着た女性が鉄製の扉を開けて出てきた。花田景子さん(54才)は、待たせていたタクシーに向かい、俯いたままハイヒールの音を激しく鳴らし小走りでかけていく。

「貴乃花親方との離婚協議が進んでいると聞きましたが…」

 本誌・女性セブン記者がそう質問を投げると、景子さんは一瞬驚いた表情を見せ、眉間にしわを寄せた。だが、記者の顔を一瞥するとすぐに顔を伏せ、質問には答えないままタクシーに乗り込んだ。

「運転手さん、ドアを閉めてください! 早く閉めてってば!」

 険しい表情の景子さんを乗せたタクシーは、その場から走り去っていった──。

 景子さんと元貴乃花親方(46才)の離婚が成立する、わずか3週間前のことだった。しかし、本誌が離婚を直撃した数日後、長男・優一(23才)が景子さんと貴乃花の仲睦まじい2ショット写真をブログに掲載。

《喧嘩するほど仲がいい二人です》というコメントが付き、まるで離婚情報を打ち消すかのような“アピール”に見えた。

「夫婦の間には修復不可能な亀裂が入っていたともっぱらのうわさでしたが、この2ショット写真を見て、多くの関係者が“離婚はまだないだろう”と安堵したそうです」(相撲関係者)

 だが、この直後に貴乃花は離婚届を提出。23年間に及ぶ結婚生活にピリオドを打ったのだ。

 日本相撲協会への退職届の1か月後に離婚届――この間、夫婦の関係は大きく揺れ動いていた。そもそもの発端は昨秋に起こったモンゴル人力士間における暴行事件である。加害者である元横綱・日馬富士が殴打した貴ノ岩は貴乃花部屋の所属で、当時親方だった貴乃花は、昨年末に責任を取る形で理事解任を決議された。

 起死回生で挑んだ今年2月の理事長選で落選すると、「理事」から最低位の「年寄」にまで降格。理事経験者の年寄降格は過去に例がないほどの“急降下”だった。

 その後、自身の部屋の力士の暴行事件も発覚し、さらに監督責任を問われる事態となった。6月には貴乃花一門が消滅。相撲協会における影響力は“ほぼゼロ”となった。

 不運は続き、8月には夏巡業で訪れていた秋田県内の体育館で倒れ、病院に緊急搬送された。一時、意識不明という情報もあった。

「この頃の親方は満身創痍でした。相撲協会では居場所をなくし、部屋でも神通力をなくしかけていた。こんな時に頼りになるのが家族なのでしょうが、そこでの立場も失っていたに等しい状態だったのです」(後援会関係者)

 貴乃花が緊急搬送された際、景子さんは病院にすら行かず、「若い人がいるから平気でしょう」と話していたという。

「夫婦関係は冷えきっていたが、離婚の決意まではしていなかった。別居生活は続き、会話もほとんどありませんでしたが、女将さんとして部屋に出入りしていたし、関係各所には女将さんとして対応し続けていましたから」(スポーツ紙記者)

◆パトロン男性との会合にも出席

 決定打となったのは、相撲協会との決別だった。9月25日、貴乃花は、相撲協会に退職届を提出。自身の部屋も手放し、事実上の“廃業”となった。“部屋の女将さん”という立場こそ自分の居場所だと考えていた景子さんにとって“廃業”は受け入れがたい事実。この頃、景子さんはがまんの限界を迎えた。

「昨秋の暴行事件以降、親方はすべてを何の相談もなく決めてきた。日馬富士の暴行事件に対する被害届の提出、理事長選の出馬までは堪えたが、この退職届だけは見過ごせなかった。景子さんは泣きながら“協会に残るべきだった”とひどく咎めたそうです」(景子さんの知人)

 景子さんは、「協会残留」が弟子たちを守る唯一の方策、という意見だった。しかし、景子さんのこうした態度が、逆に貴乃花を強硬にさせたという。

「近年の景子さんは女将さん業よりも、それを“ネタ”にした講演会や商品プロデュース業に熱心になっていました。2年前には会社を設立し、よりビジネスに邁進していた。景子さんは部屋に住み込まない“通い女将”で、毎日来るわけでもなかった。景子さんは部屋の財政状況が厳しいことがわかっていて、なんとか副収入で支えようと必死でした。

 ところが、親方としては、景子さんが協会残留を願うのは“自分のビジネスのためだろう”という穿った見方さえあったのかもしれません」(前出・後援会関係者)

 別の後援会関係者はこんな話を明かす。

「親方は景子さんに対する不信感も募らせていたようです。この半年ほどで景子さんの酒量は、どんどん増えていました。飲み会に顔をだすことも多くなって…服装も派手になっていました。一連の騒動でストレスを溜めていたこともあるのでしょうが、会社設立以降、交友関係も変わっていきました。時にはパトロンのような男性との会合にも出席するようになっていた」

※女性セブン2018年12月13日号

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  3. 3

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  6. 6

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  7. 7

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

  8. 8

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    元中国人の選挙出馬に心ない罵声

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。