記事

〝タレントと社員は大切な家族〟――サンミュージック創立50周年

大手芸能プロダクション「サンミュージックプロダクション」の創立50周年記念式典が、創立記念日の27日、東京・東京プリンスホテルで開催された。この日は、所属第1号タレントで千葉県知事の森田健作の他、西郷輝彦、野村将希、太川陽介、牧村三枝子、塚本高史、ベッキー、カンニング竹山、メイプル超合金ら160名の所属タレントが出席した。

1968(昭和43年)年に映画「夕月」で、主演の黛ジュンの相手役に抜擢された森田のデビュー日が同プロの創立記念日となった。式典はサンミュージックの歴史を振り返るVTRの上映からスタートし、その後、相澤正久代表取締役社長と森田が順に挨拶を行った。 その中で相澤社長は、父で創業者である故相澤秀禎会長の〝タレントと社員は大切な家族〟という経営理念をあらためて提唱し、「業界を取り巻く環境は変わってきたが、先人たちが培ってきた社風を継承し、これから先の時代に向けても、常に夢と感動を届け続ける会社を目指していきたい」と力強くコメント。

森田も「会長は生前『なんとしても50周年、俺はやりたいんだ』と言っていた。(志半ばで亡くなってしまい)残念でしたが、今日の皆さんの姿を見て満足していると思います」と話し、「タレント一人一人が頑張って、みんなでより一層輝くサンミュージックを作っていきましょう!」と呼びかけた。

式典後の個別の会見に応じた森田は「サンミュージックとはどういうものですか?」という質問に、自身のデビュー当時の思い出を振り返りながら「私の人生の全て」と答え、「デビューして周囲からスターと言われている時に、相澤会長に『おい森田、おまえはスターではなく、一時の有名人だ。スターというのは、まず映画で主役をやり、テレビで主役をやり、歌をヒットさせて、舞台で座長をやり、全部制覇してこそスターだ』と言われ、とても勉強になりました」と語った。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  4. 4

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。