記事

”猿芝居の大道具”になり果てた不信任決議案 - 繰り返される“ブーメラン”と“ご都合主義”

1/2

1.”猿芝居の大道具”になり果てた不信任決議案

昨夜(11月27日夜)、外国人労働者の受け入れを拡大するための入管法(出入国管理及び難民認定法)改正案が、ムダに長い本会議を経て、自民公明そして維新の賛成多数で可決し参院に送付されました。国会審議を「ムダに長い」と揶揄するのは不謹慎とお叱りを受けるかもしれませんが、国会を混乱に陥れるため、時間を稼ぐため、そして政策論争を避けるために提出される決議案の処理に時間をかけるのは、明らかに時間のムダです。

もちろん、委員長の解任や大臣の不信任、内閣不信任等に係る決議案の提出を、すべて否定するるもりはありません。しかし、そうした攻撃的な決議案は、政策論議の基盤である政党間の信頼関係を破壊する“最終兵器”であり、いったん使ってしまえば終わりです。つまり、それ以降、建設的な議論は出来なくなります。今回の入管法の審議においても、法務委員長の解任決議案が提出された11月20日をもって野党6会派は政策論議の土俵から降りてしまったのです。

維新を除く野党六会派は、そうした“最終兵器”を乱発します。特に、立憲民主党が誕生し野党国対のトップに辻元清美氏が就任して以降、そうした傾向が強まっています。先の通常国会においても、予算委員長解任決議案、経済再生大臣不信任決議案、厚労委員長解任決議案、厚労大臣不信任決議案、内閣委員長解任決議案、国交大臣不信任決議案、議運委員長解任決議案、そして内閣不信任決議案と、本来、使っては元も子もない“最終兵器”を打ちまくりました。

使っては元も子もない“最終兵器”を打ちまくると、政府与党に再考を促す“抑止力”といった大切な機能を失い、単なる国民にアピールするための“猿芝居の大道具”になり果ててしまいます。昨日のの法務大臣不信任決議案も、一昨日26日に野党6会派が連名で大島理森衆議院議長宛てに提出した「申入れ」も、単なる“大道具”でしかなく、大島議長が「委員会の運営は委員会に委ねる」と“一蹴”されたのは“ご見識”であると敬意を表したいと存じます。

2.繰り返される“ブーメラン”と立憲民主党の“ご都合主義”

もともと民主党に所属し一時は政権を担ったはずの立憲民主、国民民主、そして無所属の会は、共産党と連名で、入管法審議に関する「見解」なる文書を公表しました。この文書において、当該4会派は、入管法改正案について、省令への委任事項が多過ぎる、憲法違反だ、と主張していますが、そんなことを言うのであれば、民主党政権時代に外国人の健康保険への加入要件を厚生労働省令で緩和したのも、憲法違反ということになります。完全に、憲法違反の“ブーメラン”です。

同見解は、法務省が用意した資料の不備をあげつらいますが、蓮舫氏の一件で注目されたように、国会質問の事前通告で問い合わせを「不可」とするなど役所のミスを誘発しているのは、他ならぬ野党ではないでしょうか。いまの野党は、霞が関の官僚たちを、これでもか、というくらい徹底的に苛め抜いた上で、少しミスをすると、それをマスコミの前であげつらう。本当に国益を毀損する悪行であると断じざるを得ません。

また、立憲民主党は、この機に乗じて「技能実習制度の廃止」を打ち出されていますが、技能実習の在留資格を創設した2009年=政権交代直前の入管法改正案には当時の民主党も“賛成”し、政権交代後の三年三か月の間、一度も入管法に手を加えることはありませんでした。自分たちが権力を掌握している時には何もせず、自公政権が動き出したら文句だけ言う。国民が立憲民主党に抱く違和感は、当に、こうした“ご都合主義”にあるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「外国人労働者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  4. 4

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  5. 5

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。