記事

重い鞄が子どもの背中に負担、インド政府が対策指針作成


[ムンバイ/ニューデリー 27日 ロイター] - インド政府は、重い学校かばんで子どもたちが猫背などの背骨の問題を抱える恐れがあるとの懸念から、学校に対し、生徒に重いかばんを持たせない、年少の子どもに宿題を出さないなどの対策実施を要請した。

政府は、やわらかく成長期にある背骨にものの重量がどのように影響するかを分析した研究を引用し、子どもの年齢に応じた学校かばんの重さの指針を作成。小学1・2年生の子どもについては、教科書を家に持って帰らずに済むよう、宿題を出さないことを勧告した。

インド商工会議所連合会が主要都市の子ども2500人超と保護者1000人に行った調査では、13歳未満の子どもの68%が軽度の背中の痛みに苦しむ可能性があり、この痛みは慢性的なものとなり、猫背になる恐れがあるとしている。また、7─13歳の子どもの88%以上が体重の45%を超える荷物を背負っていることも分かった。

ムンバイのあるマハラシュトラ州では、かばんの重量が子どもの体重の10%を超えないよう指定。これを受け、多くの学校が、教科書を学校に持ち込まずに済むようホワイトボードやプロジェクターを導入し始めている。

しかし地方の大半では、子どもたちは重いかばんを背負って長距離を歩かざるを得ない状況。子どもたちが教科書を頭に乗せるなどして川を渡っていることでも知られている。人口の最も多いウッタルプラデシュ州で子どもを学校に通わせる運転手の男性は、「体の弱い娘は、4─5キロの本を学校かばんに入れたうえ、別の袋に弁当と水を入れて持ち歩かなければならない」と訴えた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。