記事

宇垣アナ「ギリギリにならないとやる気が出ない」「疲れた時ほど『今日めっちゃハッピー!』って顔すると、ハッピーになる」

TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が11月27日、「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)で、自身の締切論や疲れた時の乗り切り方を語った。宇垣アナは現在、「週刊プレイボーイ」(集英社)や「クイック・ジャパン」(太田出版)で連載コラムを執筆している。

収録日前日がコラムの締切日で、5000字の原稿を提出しなければいけなかった。しかし「やる気が出なかった」といい、終わらないまま日付を超えてしまったという。それでも、

「私が眠るまでが昨日(提出日)だ。寝てないから、日はまたいでいない」

と強気のコメント。結局、朝4時ごろまで執筆し、原稿を提出して7時に出社したという。

「ギリギリにやったことで『いいの書けた!』みたいな成功体験がある」

画像は公式サイトをキャプチャ

MCのライムスター宇多丸さんもこの日、朝7時半ごろまでレコーディングなどスタジオ作業を行っていた。終わってはいないが「でもレコーディング進んだもん!」と訴える。宇垣アナは「私が悪いんです。ギリギリにならないとやる気が出ない」と反省を見せたかと思いきや、

「(連載コラムは)毎週泣いてますよね。しかもギリギリにならないとやる気が出ないでしょ? 最近、編集者さんは『この日中(に原稿をください)』って言うと何時に来るかわからないから『9時まで』『10時まで』とか言うようになった。学びやがった」

と日常的に編集者と締切攻防戦を行っていることを明かした。自業自得だとも受け取れるが、宇多丸さんは「ギリギリにならないとやらないのは誰もそうだと思う」と擁護。宇垣さんも、

「ギリギリにやったことで何なら『ちょっと勢い付いて、いいの書けた!』みたいな成功体験がある」

として、ついやってしまうと発言した。

「みんなもっとハイになればいい。ハイな気持ちで1日を振り返ると楽しくなれる」

2人とも寝不足のためか、番組はハイテンション気味に進行していく。実質的、締切を破ってはいるものの提出したことに解放感もあるだろう。しかしこの日、先述の通り宇垣アナは、ほぼ完徹状態で出社しアナウンサーとしての仕事を行っていた。

この極限状態の乗り切り方については、「この世の終わりの顔では行けないので、今日必死にチーク入れて。『顔色がゾンビ……!』とか言いながら」と化粧でアラを隠すと同時に、自らを鼓舞していたという。また、

「みんながもっとハイになればいいと思う。ハイな気持ちで仕事を終えた人も多いと思うのでハイな気持ちで1日1日を振り返っていくと、もっと楽しくなれる」

「疲れた時ほど『今日めっちゃハッピー!』って顔してると、ハッピーな気持ちになってきますからね」

と語った。宇多丸さんも「別に徹夜じゃなくても、どんな現場でもハイな方がいいじゃないですか。社会の人全員疲れてるんだから、『疲れた~』とかそんなの飲み屋に行ってからやればいい」と同意する。しかし「ただそういう宇垣さんを心配している人もいっぱいいると思う」ともコメントした。

あわせて読みたい

「宇垣美里」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。