記事

2016年の米不法移民人口、04年以降で最低の水準=調査


[27日 ロイター] - ピュー・リサーチ・センターの報告によると、2016年の米国の不法移民人口は1070万人で、2004年以降で最低だった。メキシコからの流入減が主な押し下げ要因とみられている。

報告は国勢調査など16年の各種統計に基づいて算出された。それによると、米国の不法移民人口は、2007年の1220万人をピークに減少が続いている。

減少の一因として、2007年の景気後退(リセッション)と、その後の鈍い回復で、移民の就業機会が減少したことが考えられている。

メキシコは依然、不法移民の出身国の約半分を占めているが、07─16年に150万人減少している。一方、同じ期間における中米からの不法移民は37万5000人増加した。

ただ近年は、不法な越境よりもビザの期限を超えて不法滞在する移民のほうが多くなる可能性が高く、1070万人の3分の2の成人が米国に10年以上居住していることが分かった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  10. 10

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。