記事

退職したVPが会社に対して痛烈な批判を公表した場合

今朝の経済ニュース番組で取り上げられていたのは、ニューヨークタイムスが載せた、Goldman Sachsを退職したVPによる寄稿。全文はこちら。タイトルは単刀直入に、「なぜ私はゴールドマンサックスをやめることにしたのか」

大学を卒業してすぐに就職した会社が、12年の間にどのように変ってしまったかをつづる。現在の経営陣に対しては、歯に衣着せぬ痛烈な批判を浴びせる。そして、彼は、「もはやこの会社にいることに誇りをもてなくなった。」

寄稿に至るまでには、本人もよほどいろいろ考えたことだろう。「この寄稿が同社の取締役への警鐘になることを願う。」と言っている。

小さいながらも会社を経営した経験のある身なので、この寄稿を読んで心は複雑だ。このようにして外部に出る前に、経営陣に対し直接苦言を提する機会はなかったのだろうか。提言しても無駄だという雰囲気が、すでに社内に出来上がっていたのだろうか。あるいは、社員あるいは元社員からこのような批判さえも出ない会社のほうが救いようがないのだろうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。