記事

退職したVPが会社に対して痛烈な批判を公表した場合

今朝の経済ニュース番組で取り上げられていたのは、ニューヨークタイムスが載せた、Goldman Sachsを退職したVPによる寄稿。全文はこちら。タイトルは単刀直入に、「なぜ私はゴールドマンサックスをやめることにしたのか」

大学を卒業してすぐに就職した会社が、12年の間にどのように変ってしまったかをつづる。現在の経営陣に対しては、歯に衣着せぬ痛烈な批判を浴びせる。そして、彼は、「もはやこの会社にいることに誇りをもてなくなった。」

寄稿に至るまでには、本人もよほどいろいろ考えたことだろう。「この寄稿が同社の取締役への警鐘になることを願う。」と言っている。

小さいながらも会社を経営した経験のある身なので、この寄稿を読んで心は複雑だ。このようにして外部に出る前に、経営陣に対し直接苦言を提する機会はなかったのだろうか。提言しても無駄だという雰囲気が、すでに社内に出来上がっていたのだろうか。あるいは、社員あるいは元社員からこのような批判さえも出ない会社のほうが救いようがないのだろうか。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。