記事

霞が関で働く国家公務員の28%が過労死の危険を感じパワハラ被害は34%(1万1,500人)

1/2
(▲深夜も灯りが煌々とともる厚生労働省)

 11月28日(水)午後7時から午後10時まで「霞が関公務員相談ダイヤル」を実施します。


 私たちが実施したアンケート(国家公務員の残業実態アンケート2018等)によると、霞が関で働く国家公務員の28%(9,500人)が過労死の危険を感じ、パワハラ被害は34%(1万1,500人)、セクハラ被害は21%(7,100人)にのぼっています。「霞が関公務員相談ダイヤル」にあわせて「霞が関で働く国家公務員の座談会」を行いましたので、以下紹介します。(※座談会出席者=A省Aさん、B省Bさん、C省Cさん、司会・井上伸

  今回の残業実態アンケートの結果を見ると、過労死の危険ラインとされる月80時間以上残業した人は、前年より0.2ポイント減少して6.3%(2,142人)ですが、このアンケートに答えてくれている組合員は比較的残業が少ないというのが現場の実感です。

  そうですね。残業が多い人はアンケートに回答する時間もないというのが霞が関のリアルな実態ですから、アンケート結果に現れてこない「声なき声」の方に耳を傾けるべきだと思います。

霞が関の働き方ワースト1は厚生労働省
「過労死の危険を感じた」59%、「残業代不払い」84%


  省庁別のワースト3を見ると、厚生労働省(労働)は「過労死の危険を感じたことがある」58.9%(全体は28.0%)と、「残業手当に不払い部分がある」84.4%(全体は41.2%)と突出して多いですね。

  「働き方改革」を民間企業に対して進めなければいけない厚生労働省(労働)が「霞が関での働き方ワースト1」というのは深刻な問題です。


  「残業になる主な要因」を見ると、過労死ライン(月平均残業80時間以上)で働く人は、「業務量が多い」と「国会対応」がやはり突出しています。

  定員削減で係員なしの一人係長になってしまって、昔は数人で回していた仕事を補佐と係長だけで回す状況が広がっています。行政需要が増えて業務が複雑高度化しているので仕事は増大するばかりなのに、定員削減で職員は減らされ続けて欠員も補充されない。これでは過労死ラインで働く人が減らないのは当たり前です。

  休日出勤が前年より1.6ポイント増えて58.3%になっていますが、仕事が終わらないから実際休日の深夜でも霞が関不夜城になっていて庁舎の灯りが煌々とついています。

  職員が減らされ続ける中で、国会対応はますます大変になっていますね。

  私自身も国会対応で月の残業が120時間、140時間、160時間と3カ月続いたときは過労死の危険を感じました。毎月のように在職死亡や自殺などの報告がありますし、メンタル疾患に陥る職員も増え続けています。

  最近も過労死で亡くなった人がいて休憩室で倒れていました。3年前に政府が始めた「ゆう活」で生活リズムを崩してメンタル疾患に陥り最近退職に追い込まれた人もいます。業務量が増えているのに職員を減らしておいて「ゆう活」とか「プレミアムフライデー」とか政府主導の小手先の対策は問題だらけですね。

  業績評価に定時退庁や月1の有給休暇取得などが盛り込まれ、管理職は部下の残業が多いとマネジメントができていないと評価が下がる。職員も同様なので「隠れ残業」が増えています。有給休暇を取得したことにしておいて部下を働かせる管理職もいるなど酷いものです。

育休取り上げ、残業時間改ざんで残業なしに

  月の残業時間が40時間を超えないよう上司が厳命している職場では、早朝出勤したり、パソコンをシャットダウンして残業したり、挙句の果てに公文書改ざんならぬ残業時間改ざんで残業しても残業しなかったことに上司がしてしまうようなことも広がっています、

  残業代がきちんと出ないので、午前4時、5時まで働いて残業代を計算すると自給が400円になってしまう正規職員もいるのですが、最近は非常勤職員にまで終電がなくなるほど残業をさせておいて残業代をきちんと払わない酷い部署もあって許されないです。

  政府は「イクメンプロジェクト」を実施していますが、育児休暇中の女性職員に対して、「新年度の体制で職員が不足している」という理由で育児休暇を切り上げさせることも起きていたり、国会待機も家族的責任がある職員に配慮しないなど、子育ても困難な状況です。

 井上 ここで、全経済産業労働組合副委員長の飯塚盛康さんが最近寄せられた実態を送ってくれたので紹介しておきます。

あわせて読みたい

「国家公務員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  2. 2

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  3. 3

    よしのり氏 年収100万円時代来る

    小林よしのり

  4. 4

    日本にまともな戦闘機は作れない

    清谷信一

  5. 5

    あなたも共犯 食卓に並ぶ密漁品

    BLOGOS編集部

  6. 6

    なぜファーウェイは排除されるか

    ロイター

  7. 7

    村本大輔 安倍首相の悪口でNGも

    AbemaTIMES

  8. 8

    たけし 桜田大臣叩く野党に苦言

    NEWSポストセブン

  9. 9

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

  10. 10

    河野大臣の答弁拒否に議員が苦言

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。