記事

中国に現れた「忠犬ハチ公」 心配した人々が食べ物届ける

忠犬の存在は動画で拡散された(アフロ)

 日本人なら誰もが心を震わせる物語、忠犬ハチ公はしかし、中国でも有名だった。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *

 中国に忠犬ハチ公──。こんな見出しの動画が中国のニュースサイトを騒がせたのは、11月14日のことだ。お堅いことで知られる『人民日報』のウェブサイトでさえ、同じ動画を見ることができる。

 さて、この話、要するに主人(女性)を失った犬が、同じ場所に座り込んだまま動こうとしないというもので、まさにタイトルは〈現実版 忠犬ハチ公〉なのである。

 おそらく夜間に撮られたであろう動画の中で、一匹の犬が道路わきに座り込んだまま、ただ通り過ぎる車を眺めている。内モンゴル自治区の省都、呼和浩特での出来事だ。

 白と黒の雑種と追われる中型犬だが、歩道ではなく道路の白線を超えた場所で座っているため、すぐ目の前を車が通り過ぎる。ちょっと気がかりな状況だ。

 動画が配信されたときにはすでに80日間が過ぎていて、心配した人々が届けたであろう食べ物も近くに置かれてある。

 中国の「忠犬」を表現するのにわざわざ日本で有名な「ハチ公」(中国では、「忠犬八公」)を見出しに使うとは、ハチ公も有名になったものである。中国における日本の情報の浸透ぶりをうかがわせるエピソードといえるのだろう。

 それにしても長い歴史を誇る中国にあって、犬の忠儀を象徴する物語はほかになかったのだろうか。いや、昔の中国では犬を食べていたから、なんてありきたりの話はおいておいても、城内で買われていた愛玩犬としてチンの名前はあまりに有名だ。

 そういう視点で考えたとき、ペットとしての犬の存在が身近になったのは、やはり90年代以降。まだまだ30年弱の歴史しかないことと関連しているのかもしれない。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。