記事

トランプ大統領に近い評論家、モラー氏との司法取引応じない意向


[26日 ロイター] - 米保守派評論家のジェローム・コルシ氏は26日、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑を捜査するモラー特別検察官が提案したとされる司法取引に応じない考えを明らかにした。

コルシ氏は、トランプ米大統領の長年の友人で政治コンサルタントのロジャー・ストーン氏と親しい関係にある。同氏によると、モラー氏は、コルシ氏が過去に意図的に虚偽情報を提供した罪を認める代わりに検察側と司法取引して罪を軽くしてもらうことを提案したという。

コルシ氏によると、問題となっているのは2016年にストーン氏と別のトランプ氏の友人と交わした2件のメールで、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者アサンジ氏に接触するよう促す内容だった。

コルシ氏は、モラー氏率いる捜査チームの事情聴取を受けた際、アサンジ氏と接触を図る考えは一度も浮上しなかったと証言したが、この2件のメールの存在は忘れていたと説明。モラー氏は、コルシ氏がメールの内容を反映する形で証言を変更することを認めたという。

コルシ氏は「変更を認めたにもかかわらず、それを根拠に起訴しようとしている。これは公平ではない」と強調した。同氏は前週、モラー氏と司法取引に向けた協議を進めていることを明らかにしていた。

モラー氏のチームはこれまで、ストーン氏の複数の友人に事情聴取を行っている。民主党本部や大統領選でクリントン陣営の選挙対策委員長を務めたジョン・ポデスタ氏のメールがハッキングされて、後にウィキリークスに内容が暴露された問題で、ストーン氏がこれらのメールに事前にアクセス可能だったかどうかについて調べている。

ストーン氏は事前にアクセス可能だった事実はないとしている。

米当局はロシアの情報当局がこれらメールのハッキングに関与したと断定している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  4. 4

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。