記事

海側にのみ放射能汚染水遮水壁を建設――馬淵氏は「四方を囲め」

福島第一原発に溜まっている放射能汚染水問題で、地下水を通じた海への流出を防ぐため、東京電力は昨年一〇月二八日から海側にのみ遮水壁(地下ダム)を造っている。これに対し、昨年六月二七日まで放射性物質の流出を止める遮蔽プロジェクト(後に中長期対策プロジェクト)の責任者だった馬淵澄夫・衆議院議員(当時、首相補佐官)は二月二一日の記者会見(自由報道協会主催)で、原発の四方を囲む必要性を指摘。「うるさく言う人がいなくなったので変わったのでしょう」と話した。

 馬淵氏によると、東京電力や原子力安全・保安院は当初、地下水を通じた流出の可能性はわからないと主張。馬淵氏の指示で「浸透流解析」を実施し、阿武隈山系から原発を洗い流すような地下水流が明確になった。それでも東京電力などは、海側だけの敷設で地下水との水位がなくなれば漏れないと主張したという。馬淵氏は「このときはさすがに声を荒げた。水の動的な流れがなくても、放射性物質が拡散していくことは誰でもわかる。四方を囲んでから地下水を吸い上げて乾燥させ、土地の表面を固めれば海に漏れることはない。補佐官を辞める直前まではそれで進んでいた」「(当時、建設をしぶった)最大の理由は工費だった」などと話している。

 一方、東京電力は昨年一〇月二六日、遮水壁の陸側への設置は「効果がない」として見送るとした。もしカネのために放射性物質の拡散防止に手を抜いているのであれば「体質」はまったく変わっていないと言わざるをえない。

 また会見で馬淵氏は「(五月一二日に)東京電力が発表するまでメルトダウンは知らなかった。このときは辞表を叩きつけようと思った」とも話しており、東京電力の隠蔽体質を具体的に批判した。

(伊田浩之・編集部、3月2日号)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  3. 3

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  4. 4

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  5. 5

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  6. 6

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  7. 7

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  8. 8

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  9. 9

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  10. 10

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。