記事

テレビもネットも芸能噂話とバッシングばかり扱うワケ

テレビを着けると同じニュースばかりやっているのは理由がある?

 インターネットが普及したことで、メディアの形も大きく変わりつつある。そうした中でマス(大衆)を相手にするメディアはどう変化していくのだろうか。

『言ってはいけない』(新潮新書)、『朝日ぎらい』(朝日新書)などの著書がある作家・橘玲氏と、『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)などの著書があるネットニュース編集者の中川淳一郎氏が語り合った。(短期集中連載・第10回/最終回)

橘:最近ではアメリカの知識人のなかでも、ネットで議論をして何かを生み出すというのは幻想ではないかと言われるようになっています。昔は民主党、共和党それぞれ支持政党が違ってもパーティなどでは楽しく談笑していたのに、今は親の敵みたいに憎み合うようになってしまった。政治的立場のちがいが部族対立(アイデンティティ対立)になったからで、支持政党が異なると、お互い相手のことを“絶対悪”みたいに思ってしまい、対話すらできなくなっている。

中川:共感者を増やすためにネットを使うのは良いことではありますが、自分と合わない人もめちゃくちゃいるということを理解する必要があるのでしょうね。そうなると、ネットをどう使えばいいのか。結局、分かりあえない人がいるということを理解したうえで、共感者とよりつながりを深める方向で使うのがいいのかなとも考えています。

橘:でもそれって難しいんじゃないですか?

中川:共感してくれる人はそれなりに優しくしてくれるわけですよ。相手側から叩かれている時に、「中川さん大丈夫だよ、オレはアンタに共感しているから」と言ってくれます。それは身を守る術としてはあっても良いのかなと。もちろん、敵は絶対味方にならないということを分かった上でのことですが。

橘:「サバーヴィアン化」は日本語だと「郊外化」ですが、アメリカではぜんぜん意味がちがって、ダウンタウンに住んでいた裕福な白人たちの「脱出」のことです。ダウンタウンに貧しい黒人がたくさん移住してきたとき、リベラルの正しい理屈では、新たにやって来たマイノリティの人たちと共生できるコミュニティをつくっていくべきだとなるんでしょうが、実際は白人たちはさっさと郊外に引っ越してしまった。それも車を使わないとアクセスできないところで地価も高いから、形式的には人種差別ではないんだけど、貧しい黒人は近づくことすらできない。ネットの世界も同じようになってきていて、自分たちだけの価値観だけで集まるサバーヴィアンができていくんじゃないかと思います。

中川:今、ネットでも著名人や文化人的な人々が今そういう動きを見せていますね。元々ツイッターとかが主戦場だった人たちが、どんどんオンラインサロンを作り始めています。ツイッターのフォロワーはもういいやという感じで、毎月1万円を払う人だけを相手にするビジネスを展開し、自分のことを支持する人だけを集めて“ユートピア”を作るという方向でお金をガンガン稼ぐという流れです。となれば、有象無象が暴れまわるツイッターはそこまで積極的にやらないでも良いかな、といった考えになっていきます。

橘:サロンでコアなファン層を囲い込めるなら、顧客になるかどうかもわからないマスを相手にするよりぜんぜんいいいかもしれないですね。ある程度のリテラシーがある人だけが集まって、そのなかで知識を分け合うような、自分たちが居心地の良いコミュニティ、いわゆるサバーヴィアンを作っちゃえばいいと。

中川:「NewsPicks」が日経新聞に出した全面広告が炎上したじゃないですか、「さよなら、おっさん。」というコピーです。あの意図はまさに橘さんがおっしゃったところにあって、「オレはおっさんじゃない!」という人だけを集めることによってロイヤリティを高めようとしたようです。そこで言う「おっさん」というのは年齢のことではなく、「古い価値観やシステムに拘泥し、新しい変化を受け入れない」「自分の利害のことばかり考え、未来のことを真剣に考えない」「フェアネスへの意識が弱く、弱い立場にある人に対し威張る」ような人だといいます。

橘:一貫してますよね、戦略的に。

中川:ただ、ターゲットとしている層からも、お呼びでない層からも、両方から叩かれたようですが……。

◆日大問題がなぜあそこまで注目を集めたのか

橘:マスを相手にする必要がなくなってきた、ということで言えば、ツイッターのフォロワー数にどんな意味があるのかも分かりにくい。もちろん堀江(貴文)さんのように300万人のフォロワーで大きな影響力をもつひともいますが、これは少数派で、最近は出版社の編集者も、「フォロワーがぜんぜんいないのは問題外だけど、たくさんいるからといって本が売れるわけじゃない」といいますから。

中川:テレビはタダで見られるのが当たり前と思っている浅いファンが多い、という点とも共通してますね。有益な情報だろうと、情報にお金を払う価値があるとは考えない。

橘:中川さんが本でも書かれていたように、結局テレビもネットニュースも芸能人の噂話と正義の話ばかりですよね。脳の快楽中枢を刺激する話題というのは、ある程度生得的に決まっているんじゃないかと思います。

中川:そうですね。多くの視聴者やPVを集めるコンテンツは間違いなくそのあたりです。だからテレビでもネットでも、マスを相手にせざるを得ないメディアは、そういうところに行き着いていく。

橘:そう考えると、日大アメフト部の悪質タックル問題にメディアが殺到したのもよくわかります。自分は安全なところにいて、いくらでも好きに叩けますから。民放テレビの女性局員が財務省の事務次官を「接待」していた、という話とはぜんぜんちがいますよね。

中川:テレビ局からしても、事務所からのクレームとか気にしなくていいテーマだったから、やりたい放題でしたね。

橘:ハッシュタグをつけて、番組オンエア中にツイートするのがすごく流行っていますよね。みんなが見ているものをツイートした方が面白いし反響が大きいわけだから、視聴率が高い番組に殺到する。「Winner-Take-All」理論で、視聴率を取るためになりふり構わずになるのも、必然かなと。

中川:企業とか番組にしても、ハッシュタグを使ってツイートすると何かをプレゼントする、とまで言っちゃってますからね。番組の作り手と話をしていたら、その番組名がハッシュタグでツイートされまくり、ツイッターの世界トレンドに入ることを目指しているそうです。

橘:私の場合は、自分にはたいした能力はないというのが前提なので、マス戦略は最初からあきらめて、ニッチ戦略を徹底するようにしています。みんなと同じことをやっていたら、それだけ強力なライバルがたくさんいるわけですから。大スターになって世界じゅうから注目されたいとかじゃなかったら、マスマーケットでWinner-Take-Allを目指すより、ニッチマーケットで人とちがうことをやってそこそこ目立ったほうが明らかに費用対効果が高い。だから、マスで勝負するしかない人たちは大変だなと思います。

中川:マスを相手にする媒体は、月並みな言い方にはなりますが、いいコンテンツを作るしかないと思うんですよ。最近「『橋祭り』やらせ疑惑」でケチをつけましたが、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)なんて、今でも視聴率20%を超えることがあります。今回「やらせはいかん!」と激怒する人が多いのかと思ったら、番組のファンからは「面白いからそれはそれでいい」なんてコメントがけっこう多く書かれているんですよね。だとしたら「この場所に来たけど、祭りがないので、『橋祭り』という祭りを地元の人と一緒に作りました」なんて言ってしまえばいいんですよ。今や週刊誌に加えてネットもあるから嘘はすぐにバレる時代になっていますので、より誠実に面白いものを作るしかないのでしょうね。(完)

◆橘玲(たちばな・あきら):作家。1959年生まれ。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『言ってはいけない 残酷すぎる真実』『(日本人)』『80’s』など著書多数。

◆中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):ネットニュース編集者。1973年生まれ。『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』『縁の切り方 絆と孤独を考える』など著書多数。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  5. 5

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    年50万円かけ実験 クレカ選択術

    内藤忍

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。