記事

47歳童貞の人に「つきあおう」と書いたときの気持ち

1/2

「47歳童貞だけどこの人生、結婚できずに終わるなってはっきり実感するようになった」という記事を書いた人に、「つきあおう」とコメントしたら少し炎上した。

47歳童貞だけどこの人生、結婚できずに終わるなってはっきり実感するように..

47歳童貞だけどこの人生、結婚できずに終わるなってはっきり実感するように..

あなたが風俗に行ったことがなくて、相手がどんな女性でもいいんなら、私とつきあおう(でも、きっと若くて可愛い女性がいいから絶望してるんだよね)

2018/11/25 21:33
b.hatena.ne.jp

「(でも、きっと若くて可愛い女性がいいから絶望してるんだよね)」は自虐の意味で書いたのだが、自虐や視野の狭さが偏見につながっていることを自覚したので、コメントを書いたときの気持ちを整理しておく。

童貞は美しい

最近、いろんなことがあって落ち込んでた。

落ち込んでいたが、「自分が住む地域に大きな霊園があるので、ひきこもりシェアハウスを作って、お墓参り代行の仕事で生計を立ててもらうのはどうだろう」などのアイデア出しを心の支えに頑張って生きていこう、と若干立ち直ったところだった。

そんなときに、冒頭の記事を読んだ。

私は個人的に、童貞の人は美しいと思っている。

たぶんソープなどに行けば童貞でなくなるのだろうに、童貞という状態を保っている心持ちが好きだ。

風俗を利用する人、ましてや風俗で働く人を批判する気持ちは全くないが、自分のパートナーには風俗に行ってほしくないし、自分が男性で童貞だったとしてもたぶん行かない。

風俗の是非というより、単にストイックでシャイな人が好きなのだ。

(相反するが、女性への蔑視なしに肉欲に溺れる人というのも、それはそれで人間らしくて好きだ)

その点は人によって意見が分かれるだろうから、違う考えの人を批判する気持ちはない。

ともかく、この人が47歳まで童貞を保っている心持ちが好きだと思ったし、絶望しているのも気の毒だと思った。

(こうした的外れの共感が、上から目線の偏見と言われるのかもしれない)

ちょうど落ち込んでいたので、夜寝る前とかに少しの時間話せる相手がいたら、ずいぶん幸せなことだろうとも思った。

それで、衝動的に「あなたが風俗に行ったことがなくて、相手がどんな女性でもいいんなら、私とつきあおう」と書いた。

(「風俗に行ったことがない」と書いたのは、童貞の心持ちに惹かれたのだから仕方ない)

「アラフォー男性は同世代の女性を避けることが多い」

で、その後に「結婚」というワードに気づいて、この記事を思い出した。

40代のKKOが必死に婚活アプリを一か月間使ってみた結果

40歳の男性がアプリで婚活する内容なのだが、35歳未満の女性を希望していた。
これを書いた人を悪く思う気持ちはないが、単純に悲しかった。

女性にとってどうにもならないのが「年齢」「子どもを持つためのタイムリミット」だ。

私は、自分が10代〜20代に戻っている夢をよく見る。
見ている最中に「私20代だっけ? やったー! いや、そんなことない、何歳だっけ、えっと……」と夢の中で年齢を数え、だんだんと意識が覚めて現実に戻っていくのが辛い。
(いちおう出産は可能だけど諸事情で)「子どもがほしい」という気持ちを長年かけてあきらめたので尚更辛い。

私には「アラフォー男性は同世代の女性を避けることが多い」という思い込みがあった。

子どもを持つためには仕方ない、分かる。だけど、女性側としては辛い。

そのことを思い出して、「(でも、きっと若くて可愛い女性がいいから絶望してるんだよね)」と付け足した。

男性が重視する「年齢」の条件を私は満たせません、という自虐の気持ちだった。

あわせて読みたい

「ライフ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。