記事

「記憶」は未来をつくる「原動力」:建築家・田根剛インタビュー(上) - 長井美暁

1/2
今、もっとも注目される若手建築家・田根剛氏。東京オペラシティ アートギャラリーに展示されている「エストニア国立博物館」模型前で 撮影:筒口直弘

 田根剛氏はフランス・パリを拠点に活動する建築家だ。2006年、「エストニア国立博物館」の設計者を選ぶ国際設計競技(コンペ)に仲間2名との共同案で勝利。ロンドンの設計事務所に勤める無名の青年は、その斬新な案とともに、一躍世界に知られる存在になった。当時26歳。鮮烈なデビューだった。

「エストニア国立博物館」が2016年に完成したことを機に、パリで共同主宰していた設計事務所Dorell.Ghotmeh.Tane / Architects(ドレル・ゴットメ・田根/アーキテクツ=DGT.)を解散。田根氏は自身の設計アトリエをそのままパリで立ち上げ、現在は約30名のスタッフと世界各地で様々なプロジェクトを進めている。

 そんな田根氏の初めての個展が、東京・初台の「東京オペラシティ アートギャラリー」と東京・乃木坂の「TOTOギャラリー・間」で開催中だ。2館共通の展覧会タイトルは『未来の記憶 Archaeology of the Future』。副題に前者は「Digging & Building」、後者は「Search & Research」が続く。

軍用滑走路を国立博物館に

 展覧会タイトルに含まれる「記憶」と「Archaeology(考古学)」は、田根氏の思考や作品を理解するうえで欠かせない言葉だ。田根氏は「場所には必ず記憶がある。建築はそれを継承し、未来をつくる原動力にすることができる」と常々話す。

[画像をブログで見る]

 田根氏が初めて「場所の記憶」を意識したのが、前述の「エストニア国立博物館」だ。博物館の建物はソ連占領時代の軍用滑走路に接続し、それを延長させたようにコンクリートの大屋根をつくっている。滑走路から徐々に高くなっていく大屋根をガラスの壁が両側から支え、そのガラスにはエストニアの伝統文様が細かく施されている。

 バルト3国の1つであるエストニアは13世紀以降、ドイツやスウェーデン、ロシア帝国といった近隣諸国に長く支配された。ロシアの十一月革命後の1918年に独立を宣言したが、第2次世界大戦中にソ連に占領され、戦後は併合。1991年、ソ連が崩壊する直前に独立を回復した。

 独立時の公約だった国立博物館の建設には、こうした歴史的な背景がある。国立博物館というのはその国のアイデンティティを示す場だから、エストニアにとっては悲願と言えただろう。

 DGT.の案は、そんな国立博物館と打ち捨てられていた軍用滑走路を一体にしようというもの。コンペで規定された敷地は近くの別の場所だったが、田根氏は、

「敷地の写真を見ると、隅っこに消しゴムで消されたような部分があり、何だろうと調べたら軍用滑走路でした。これは活用するしかない。直観的にそう思いました」

 と振り返る。

 建設地はエストニア第2の都市タルトゥで、エストニアの国立博物館の始まりとされている場所。1909年に6人のエストニア人が集まり、当時ドイツ領事館だった建物を利用してコレクションを展示したという。新しい国立博物館はもともとあったその場所につくろうという計画だったが、付近にソ連占領時代の空軍基地の廃墟が残っていた。

「軍用滑走路はエストニアの人々にとって負の遺産であり、避けられていました。しかし、負の遺産とエストニアの民族の記憶を継承する博物館を1つにすることは意味があると考え、負の歴史を直視する建築によって、未来の世代はこの場所の意味を変えられるというメッセージを込めました」

 側面から見ると未来に向かって飛び立つような形は、その表れだ。

 コンペでは100を超える応募案から選ばれ、審査委員長の文化大臣は「モニュメントではなく、ランドマークになっている。エストニアにとって、これしかないという提案だ」と評したが、メディアのバッシングを受けた。また、リーマン・ショック以降の世界経済の悪化やユーロ危機により、プロジェクトは一時期休止状態に陥り、再開を待つ日が続いた。

 再開後も予算を当初の5分の1まで削減するために、デザインの大きな変更を受け入れざるを得なかった。国家プロジェクトを担う重責以外に、このようにタフな心を求められる局面が次々に訪れ、また、実務経験の少なさを実地で学んで挽回する苦労もあった。

 当初は4~5年で完成する予定だったが、最終的に開館まで10年かかった。ようやくその日を迎えたときの喜びの大きさは想像に難くない。さらに開館後、建物が使われるようになってから、館長が「占領時代を乗り越えられたという実感を持ち始めた」と話していたという。田根氏は「その言葉は本当に嬉しい」と笑顔を見せる。

「宇宙船か古墳か」

 この「エストニア国立博物館」のプロジェクトで、田根氏は「考古学的リサーチ」と呼ぶ手法に可能性を見いだした。

「コンペに応募する前は、自分はどういう建築をつくるべきだろう、競争の激しい建築の世界で自分はどう勝負できるだろう、といったことを考えていたのですが、コンペに勝ったとき、このように場所の記憶や意味を掘り下げて建築をつくることに向き合っていけばいいんじゃないか、と道が開けたように思いました」

 そして2009年、「デンマーク自然史博物館」のコンペに応募した際、リサーチを建築の提案につなげる手法に手応えを得て、手法の確立に力を注いだ。

あわせて読みたい

「建築」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  5. 5

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  6. 6

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  7. 7

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  8. 8

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。