記事

体にいい酒の飲み方 昼飲み、ダラダラ飲みが悪くない理由

【昼から飲むのはアリ?】

 酒は「百薬の長」と呼ばれるが、その付き合い方を間違えると、ときに「百害あって一利なし」になってしまう。

 特に、何かと酒量が増える年末年始。呑兵衛には心弾む季節だが、気になるのは体への影響だ。“飲み方”を間違うと、二日酔いや高血圧、さらにはもっと深刻な病のきっかけになってしまうこともある。

◆晩酌より「昼飲み」

 例えば、陽の高いうちから飲むのはどこか後ろめたいものだが、体への影響はどうなのか。岡村クリニック院長の岡村長門医師は、「カロリーや体への負担を考えれば、お酒は昼間に飲む方がいい」という。

「アルコールを分解・消化するのは主に肝臓です。夜にお酒を飲むと、肝臓は就寝中に働くことになってしまう。寝ていても、内臓は休むことができません」

 その点、昼に飲むお酒は、起きている間に分解されるため、就寝中の内臓への負担は軽減される。晩酌は止められないにしても、就寝直前のアルコール摂取は控えたほうがよさそうだ。

◆「ダラダラ飲み」のススメ

「スポーツ中継を見ながらチビチビと」──休日に長い時間をかけてゆったり飲む酒はたまらないが、妻にはいい顔をされないもの。しかし、秋津医院院長の秋津壽男医師によれば、これも悪い飲み方ではないという。

「体の負担を減らし、心地良くほろ酔い状態になるためには、ゆっくりダラダラが最適です。いわゆる悪酔いや二日酔いは、体内で処理する速度を上回る速さでアルコールを摂取してしまうことが原因。短時間で飲み干してしまうより、“ながら飲み”のほうがいい」

※週刊ポスト2018年12月7日号

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。