記事

深セン訪問レポート 2018年秋

1/2
11/20〜23まで香港経由で深セン(深圳)に行ってきたので、その備忘録。これをもって、深センが凄いとか、いや日本の方が優れているとか言うつもりは無い。

行きは香港経由。

番外編

いきなり番外編となるが、香港へ向かう機内で今回の深セン行きに同行してくれた秋吉理学氏*1から次のような刺激的な話を聞く(注:いずれも深センの話ではない)。写真は氏撮影のものをお借りした。

中国高鉄の駅弁

中国の高速鉄道では駅弁をスマホからオーダーでき、車内まで持ってきて貰える。路線の途中駅の到着時刻がわかるので、どの駅で駅弁を受け取りたいかを選択し、その後、その駅にある店を選択。弁当を選び、注文すると、その駅に着くのに合わせて弁当が用意されていて(なので温かい)、車内販売の担当者に受け渡される。ワゴンに乗せて席まで持ってきてくれるので、取りに行く必要もない。受取人の携帯電話番号や名前で本人確認ができると引き渡される。

f:id:takoratta:20181125092259g:plain



このように届けられる。

ユースホステルのインターネット洗濯機

ユースホステルで管理人のおばさんに洗濯機使いたいと言ったところ、アプリから操作しろと言われる。後述する、WeChatのミニプログラムを起動して操作する。



WeChatのミニプログラムからQRコードを読み込むことで、洗濯機の操作や支払いができる。

f:id:takoratta:20181125100849g:plain

この洗濯機は学校の寮のようなところに置くために作られた製品のようだ。家庭用を改造品とか特殊な製品というわけではない。Mideaという中国の大手メーカーの製品で、WeChatミニプログラムはU净洗衣という名前だった。

初日(香港〜深セン)

Advanced Meal Delivery Service

香港空港からはフェリーで深センに向かったが、時間があったので、一粥面 Super Superでお粥を食べる。ここはカウンターで先に料金を払う。WeChat PayやAlipayでも払えるのだが、中国国外では中国人以外は使えない*2ので、秋吉氏の持つOctopusで払おうとしたが、残高が足りず、残念ながら現金で払う。旅行中、現金を出来るだけ使わないようにしようと目論んでいたが、早くも崩れる。


通常、カウンターで料金を払うタイプの店だと、料理が出来上がったときに、取りに来るように呼ばれる。そのために、ハンディブザーのようなデバイスを渡されることも多いが、この店では、食べるテーブルを選んで、そこにカウンターで渡されたデバイスを置くことで、自動的に店員にその料理をどこに運べば良いか伝わるようになっている。



このように渡されたデバイスをテーブルの所定の位置に置くだけで、しばらくすると店員が料理を持ってきてくれる。

深セン蛇口港フェリーターミナルからホテルまでは通常のタクシーを使う。白タクの勧誘を断りながら、タクシー乗り場に向かうと、EV車が連なっていた。後で聞くところによると、深センは中国でもタクシーのEV化率が最も高く、90%ほどになっているそうだ。


ちなみに、ナンバープレートが緑なのがEV車で、それ以外は青。

タクシー運転手のレーティング


タクシー車内のコックピットにはドライバーの情報とレーティングを行うことが出来るQRコードが入れ替わりで表示されている。


今回、8年ぶりに中国に来たのだが、タクシー運転手のマナーもかなり良くなっていた。聞いていたように、このような評価システムが社会マナーを向上させているのだろうか。

ちなみに、帰りにもホテルから福田の高速鉄道駅までタクシーに乗ったのだが、そのタクシーの運転手は姑息にも、QRコードを読めないようにしていた。


支払いはWeChat Payで。


初日はホテルまでの移動で終了。

2日目(深セン)

2日目は、朝食をケンタッキーフライドチキン(KFC)で食べて、通話/SMS用のSIMを入手して、華強北の電子街に寄り、盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)や城中村*3である崗廈村を見たり、カルフール(家乐福)に寄ったりした。

なお、華強北の電子街については、山ほどのレポートが存在するし、そんなに長くはいなかったこともあり、ここではカバーしない。

KFC

中国のKFCではお粥が食べられるらしいというので行ってみた。朝限定かも。秋吉氏によると、今ではマクドナルドでも食べられるらしい。マクドナルドは当初頑なに拒んでいたが、KFCなどで出すお粥が好評だったこともあり、真似したらしい。

WeChatミニプログラムというWeChatの上で動作するアプリケーションをインストールし、そこから操作する。

f:id:takoratta:20181125122933g:plain

WeChatミニプログラムから注文を終えると、発行される番号で呼ばれる。店内のサインボードに表示されるので、取りに行く。


米国などにもあるキオスク端末からのオーダーも可能。


地下鉄

深センの地下鉄もWeChatミニプログラムで乗ることが出来る。区間を指定して乗車券を購入する

f:id:takoratta:20181125150721g:plain

ただ、残念ながら、私は乗車券の購入まで進むことが出来なかった。実は、WeChat Payをフルに利用するには、本人認証が必要で、そのために中国の銀行口座を持っていないとダメだった。過去にはクレジットカードでも大丈夫だったという話もあるようだし、人によって? 状況によって? は本人認証出来たという話も聞いたが、私の場合はダメだった。この地下鉄のミニプログラムも本人認証が必要だった。

同行している秋吉氏はこれとは別のいきなり地下鉄に乗るアプリを使った。区間の指定は必要ない。入り口と出口でそれぞれQRコードをスキャンする。



私はWeChat Payのミニプログラムは使えなかったので、券売機で乗車券(トークン)を買う。


QRコードでの支払いが可能な券売機がある。


現金かQRコードのいずれかの支払いが可能。


表示されるQRコードをWeChat PayかAlipayで読み取って支払う。


発行されるトークンを用いて改札を通る。入るときは、これを指定の位置にかざす。出るときはトークン入れがあるので、その中に投入。

このアプリとトークン以外に、日本での交通ICカードのようなカードも用意されている。

WeChatミニプログラムでの乗車は便利そうには思うものの、いちいち改札でアプリを立ち上げるのは面倒ではないかと思った。現地の人に、通勤でもこのアプリで改札を通るのかと聞いてみたところ、そうだとの回答。しかし、にわかには信じられなかったので、翌日通勤時間に改札付近を観察してみた。やはり半数ほどはカードを用いていた。動画の中で改札前で止まっている人の多くはアプリ操作しているため。


深セン地下鉄通勤時間帯の改札の様子

QRコード

QRコードはこの旅行中にあらゆるところで見た。多くは、WeChatのアカウントへと誘導されるもの。これは日本でLINEアカウントを友達登録してくれというのと同じだが、WeChatミニプログラムへと誘導させるものも多数あった。


例えばこれは、地下鉄の駅へと向かう通路に掲示してあったQRコードだが、真ん中が専用アプリで、両隣の2つがWeChatのミニプログラム。

www.catapultsuplex.com

www.clips-web.co.jp

デリバリーサービス

中国にもUber Eatsのようなサービスがある。大手が2社ほどあるようだが、どちらも町中で良く見た。青い饿了么(ウーラマ)と、黄色い美団外売。


japan.cnet.com

Mobike

深センでは、自転車のシェアリングサービスとしては、Mobikeとofoが二強のようだ。オレンジのMobikeと黄色のofo。ofoは経営難が伝えられているものの、深センではまだ多くの利用があった。ただ、そこかしこにofoの墓場みたいになっている場所があり、確かに心配になった。現地の人もここはもうすぐ潰れると言っていた。


ofoの墓場

forbesjapan.com

また、Mobikeやofoの登場前は公共の自転車貸出があったようだが、今はあまり利用されていない。駐輪スペースだけが目立つ場所も多かった。


市民じゃないと使えないような話も聞いた。

今回はMobikeを利用した。使い方は一般的な自転車のシェアリングサービスと同じ。スマホアプリを利用する。


Mobikeの自転車を見つけ、状態を確認する。その後はスマホアプリの操作。

f:id:takoratta:20181125163735g:plain


ロック(施錠)は物理的に行う。

スマホアプリの出来は良さそうだった。一度、アプリからの解錠がうまく動作しなかったら、それもアプリ上で対処法(手で解錠しろというものだったが)が指示された。


あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  4. 4

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  9. 9

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    蓮舫氏 交通・経済回す政策示す

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。