記事

2025年大阪万博決定

2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局総会が、パリで開かれ、23日午後(日本時間24日未明)、加盟国による無記名投票で、大阪市を候補地とする日本が、選ばれました。決選投票で、ロシアを破っての決定でした。

日本での万博は、2005年の愛知につぎ、大阪での開催は、1970年以来で55年ぶりになります。テーマは、「いのち輝く未来社会のデザイン」で、健康、医療に関する技術貢献を目指す、ということです。

万博は、人工島「夢洲(ゆめしま)」の155ヘクタールを会場に、2025年5月3日~11月3日の185日間開催されます。2800万人の来場を想定し、2兆円の経済波及効果を見込んでいる、と報じられています。

一方で、大阪府と大阪市は、前年の2024年に、夢洲でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の開業を目指していて、これには反対の声もあります。地元の大阪では、歓迎の声と、税金の使い道としてどうか、という疑問の声が、あるようです。

誘致にあたって、支持を得るために世界各国の人を大阪に呼んだり、パビリオンの建設をサポートするなどの、票を入れてもらうための働きかけを相当していて、約100ヶ国に約240億円を支援する計画も公表していた、とのこと。

これから、会場費として1250億円が必要になりますが、財源は未定とされています。IR事業者に地下鉄建設費の一部を負担させることも検討している、と。これでは、ますます万博とIRを一体として進めることになり、住民が望まない方向にいくことも考えられます。

万博は、産業革命の頃、1851年にロンドンで初めて開催され、フランスは1989年の万博でエッフェル塔を建設しました。大阪万博では、6421万人が来場しましたが、最近は存在意義が薄れたともいわれ、2000年のドイツ・ハノーバー万博では、入場者数が当初の半分にも届きませんでした。

命、健康を掲げる大阪万博も、中身がつまっているわけではないようです。誘致をした、大阪府、大阪市、政府には、多くの人が納得できる税金の使い方、万博のあり方を、しっかり説明してもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「大阪万博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  4. 4

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  5. 5

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  6. 6

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  9. 9

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  10. 10

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。