記事

渡辺恒雄氏 なぜ一介の番記者から総理動かす政治力持ったか

【なぜ権力者が彼を頼るのか(時事通信フォト)】

 この人物の“長き不在”が永田町に大きな波紋を広げている。「ナベツネ」こと渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役主筆(92)だ。

 言論人ながら自自連立や自民党と民主党の大連立構想などを仕掛け、昭和から平成までこの国の政治の舞台回しを担ってきた。

 さる8月中旬に自宅で転倒して頸椎の一部を骨折、現在は都内の病院で「リハビリ中」とされるが、3か月経っても動静が伝わっていないことから、健康不安説が消えない。

「原辰徳氏の巨人軍監督再就任に際し、あの巨人愛の強いナベツネさんから一言もコメントが出ないのは異例です。11月16日の夜には、容体急変の情報がメディア界を駆け巡り、入院先の病院に報道陣が集まる事態もありました。このまま表舞台に出ないとなると、大げさでなく日本にとって“一つの時代”が終わることになる」(全国紙政治部記者)

 渡辺氏はホテルオークラの料亭『山里』で定期的に行なわれるベテラン評論家と政治家との会合「山里会」を主宰し、売り出し中の政治家も「席に呼ばれたらようやく一人前」といわれる。「山里会」常連メンバーの評論家・屋山太郎氏が語る。

「記者の枠を超えた人です。組閣や自民党役員人事に力を持ち、何人もの政治家が『入閣させてほしい』とナベさんに頼みに来る。政治家がへりくだる人でした」

 安倍晋三・首相や菅義偉・官房長官でさえも“ひよっこ”扱いで、定期的に“ご高説”を賜るために席を設けていたといわれる。

「ナベさんは首相の靖国参拝に反対の立場。小泉(純一郎)元首相は忠告を聞き入れなかったが、安倍さんはナベさんに気を使って靖国参拝を控えているんだと思う。安倍さんにはやり遂げたい政策が多いから、逆らうと別のところで横やりを入れられかねない。ナベさんは読売新聞という武器を持っているから、怒らせると『内閣を潰す』と倒閣キャンペーンを張る。そういう怖さを兼ね備えているところが強みでもあった」(屋山氏)

 安倍首相がいかに渡辺氏の力を頼っているかは、悲願である憲法改正について昨年5月、「20年施行を目指す」と読売新聞の単独インタビューで述べ、「自民党総裁としての考え方は相当詳しく読売新聞に書いてある。ぜひそれを熟読していただきたい」と国会で言い切ったことからも窺える。

 渡辺氏は一新聞記者からいかにして「総理をも怖れさせる力」を身につけたのか。

◆権力ゲームでの“異能”

 渡辺氏は東大の学生時代、マルクス主義に傾倒して共産党に入党していた時期がある。『渡邉恒雄 メディアと権力』の著者でジャーナリスト・魚住昭氏の指摘だ。

「渡辺氏は東大時代に共産党員として学生運動を指導した経験から『本当に1人で学生100人を動かせるとわかった。100人で1万人、200人いれば東大生2万人を好きなように動かせる』と語っていた。学生時代の経験から、人を操る一種の権力ゲームに取り憑かれたのでしょう」

 共産党を離れて読売新聞に入社、岸信介内閣で自民党副総裁を務めた大物政治家・大野伴睦氏の番記者になると“異能”を発揮し始める。

「駆け出しの頃は大野邸で下足番みたいなことをして大野に食い込み、大野氏の目となり耳となって情報を集め、次第に信頼されていく。渡辺氏が“〇〇を大臣にしてやってくれ”と推薦すると、大野氏が聞き入れるから大臣になりたい議員は渡辺氏に頼むようになる。当時、中曽根康弘氏はそうした口利きで科学技術庁長官に入閣したことから盟友になった。大野番になった他紙の記者も、大野氏より先に渡辺氏に挨拶に行くほどでした」(魚住氏)

 同時に読売社内の権力闘争でものし上がっていく。

「彼は新人記者の時代から社長を目指し、毎週会合を開いていた。社内に“渡辺派”記者を次々と作り、キャップになる頃には社内人事にも力を持つようになっていた。ライバル幹部に『オレは社長になる。そのためには才能あるやつは邪魔だ。オレのいうことに忠実に従うやつだけが優秀な社員だ』と語っています。そして論説委員長に就任すると紙面を自分の主張に染めていった」(同前)

 渡辺氏は社長に就任して名実ともに読売新聞の大権力者になると、他紙の社長とは別格の政治的影響力を持つようになる。

 2007年の福田康夫政権誕生では、安倍首相(第一次政権)の辞意表明翌日に日本テレビ本社に“盟友”の氏家斉一郎氏(元日本テレビ会長、故人)とともに森喜朗氏、青木幹雄氏、山崎拓氏という当時の自民党重鎮を呼びつけ、「新・五人組」の談合で福田後継を決定した。

 2000年に森内閣打倒を目指した「加藤の乱」は山里会での加藤紘一氏の倒閣宣言から始まった。福田政権誕生後には小沢一郎・民主党代表(当時)との「大連立構想」を渡辺氏が仲介した。いずれも失敗に終わったが、平成に起きた政変には、渡辺氏の影がちらついていた。

 郵政相や自治相などを歴任し、渡辺氏と親交がある深谷隆司・元通産相が振り返る。

「郵政大臣になったとき、テレビ局の社長や系列新聞社の社長たちが大臣室に挨拶に来たんですが、渡辺さんにだけは『こちらからお伺いします』と読売本社に挨拶に出向いた。お会いしたら天下国家の話を滔々と語りだして、じっと聞いていたら帰り際にお土産をどっさりいただきました」

 深谷氏が後で中身を確かめると、巨人グッズが詰まっていたという。まさに自らの意志でフィクサーを目指し、それを成し遂げた人物かもしれない。

※週刊ポスト2018年12月7日号

あわせて読みたい

「渡邊恒雄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  9. 9

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  10. 10

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。