記事

毎日新聞「元号1週間前内定公表」記事は恣意的では?

毎日新聞の本日朝刊の「元号1週間前内定公表」の記事は恣意的ではないか。

皇室の悠久の歴史で御代替わりにおいて、元号の事前発表は無く、皇室の歴史と伝統からすると由々しき事態。

記事の中の『保守系団体「日本会議」関係者は「伝統尊重と、国民生活への影響軽減は対立するものではない」と指摘し、容認できるとの見方を示した。』は、保守系も賛成しているという世論形成づくりを狙ったものではないか。

「関係者」であれば、一会員であっても「関係者」である。

日本会議の事務方トップとも本日話したが、日本会議は元号の事前発表については容認できないとの姿勢を貫いている。

国民の断固たる姿勢が必要だ。ご協力をお願いしたい。

『政府 新元号、即位前「内定」で公表検討 署名は新天皇』(毎日新聞)

https://mainichi.jp/articles/20181125/k00/00m/040/122000c

あわせて読みたい

「毎日新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。