記事

宮沢りえ ホクロ除去して挑む新作映画で妥協なき濃厚演技も

【体当たり演技に挑む(Imaginechina/時事通信フォト)】

 この2年間、ドラマと映画から離れている宮沢りえ(45)。この間に報じられる彼女の近況といえば、森田剛(39)との結婚(2018年3月)や、その後の夫婦生活模様がほとんどで、先日はトレードマークだった鼻元のほくろを除去したというニュースが報じられた。

 ワイドショーも触れるネタに困るほど露出の激減した宮沢だが、実はいま、極秘裏に映画を撮影しているという。

 しかもその作品では、160万部を売り上げて社会現象になったヌード写真集『Santa Fe』以来となる、宮沢の一糸まとわぬ肢体が見られるかもしれない。

「クランクインは11月で、劇中に濃厚な濡れ場があるんです。監督は蜷川実花さん(46)で、主演は小栗旬(35)。原作は太宰治の『人間失格』で、来春以降の公開を予定しているそうです」(映画関係者)

『人間失格』といえば、主人公の大庭葉蔵が酒や女に溺れて身を滅ぼしていく物語。

「宮沢が演じるのはメインヒロイン。蜷川監督は『ヘルタースケルター』(2012年公開)で、沢尻エリカをフルヌードにした過去があり、今回も一切の妥協なく濡れ場を撮影しているようだ」(同前)

 宮沢は、蜷川監督の父である故・蜷川幸雄の舞台で揉まれて役者として成長しただけに、蜷川監督の作品とあって気合い十分だという。

「過去にも映画では何度かベッドシーンを演じていますが、露出は控えめだった。今回はそれを超える演技が期待できるかもしれない」(別の映画関係者)

 映画について宮沢の事務所に聞くと、「現時点でお話できることはありません」とのことだった。公開が待ち遠しい。

※週刊ポスト2018年12月7日号

あわせて読みたい

「宮沢りえ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  8. 8

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  9. 9

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。