記事

『オールナイトフジ』人気女子大生3人が語るトンデモ列伝

元オールナイターズの山崎美貴

元オールナイターズの片岡聖子

おニャン子クラブで活躍した立見里歌

 1983~1991年に放送され(全404回)、女子大生ブームの牽引役となった伝説の番組が『オールナイトフジ』(フジテレビ系)である。

「オールナイターズ」と呼ばれた現役女子大生たちが番組の主役。秋本奈緒美や鳥越マリ、片岡鶴太郎や、デビューしたばかりのとんねるずといったタレント陣がフォローはするものの、女子大生たちの素人感丸出しのたどたどしい進行が新鮮で番組の売りとなる。結果、同年代の男子学生らを中心に大人気となり、週末の夜の名物番組に成長。深夜帯にして、最高視聴率は異例の7.2%(1989年3月25日)を記録するほどだった。

 1984年には、出演者の中でも人気だった山崎美貴・松尾羽純・深谷智子による「おかわりシスターズ」が誕生。2月に『恋をアンコール』で歌手デビューを果たす。5月には片岡聖子・井上明子の「おあずけシスターズ」も『東京カンカン娘’84』でデビューするなど、アイドル顔負けの活躍を見せた。

 今回はその「オールナイターズ」から山崎美貴、片岡聖子、立見里歌の3名が集結。当時の思い出を1時間にわたって語り合った。

山崎美貴:番組が始まったのが1983年4月だから……もう35年も経つんだ!

片岡聖子:私は11月から番組に参加したのですが、美貴ちゃんたちの「おかわりシスターズ」が大人気で、番組の視聴率も最高潮。入ったばかりの私が、まさか「おかわり~」に続く「おあずけシスターズ」でいきなりデビューなんて本当に夢のようだった!

立見里歌:私は「おニャン子クラブ」の人と思われていますが、実は1984年11月から翌3月のオールナイターズの解散まで在籍しているんです。

山崎:知ってるよ、東海大学の後輩が入ってきたなあって。

立見:さすが山崎先輩。キャンパスでも目立っていらしたし。

山崎:そんなことないよ、知らない学生からコーラ浴びせられたりしたよ(笑い)。

片岡:私は家のまわりにスプレーで「聖子ちゃん命!」って書かれたこともあった。

立見:私は「おニャン子」の時よりも、この頃のほうがモテたなって思うんですよ。わりと「あ、立見さんでしょ?」って言われたから。

山崎:「女子大生ブーム」を私たちが作ったみたいに言われるけど、『ミスDJリクエストパレード』(文化放送)のほうが先だったと思う。

片岡:千倉真理さん、川島なお美さん、斉藤慶子さんとかね。

山崎:ミスDJは1人で番組を仕切っていたけど、私たちオールナイターズは「女子大生=おバカ」というふうに見られていて「だからぁ~」「なんとかでぇ~」としゃべるようなイメージに思われていたよね。

立見:両先輩は「女子大生ブーム」であることを自分でも感じていました?

片岡:それはずっと感じてた。

山崎:女子大生だからこうしてちやほやされるんだろうな、ブーム去ったら用無しになるんだろうな……という冷静な思いもあったけど、おいしいものご馳走してもらったとか、夜10時回ったらタク送だったとか、「おかわり」のPV撮りはいつも海外だったなとか、それはそれでいい時期だったかなと。

立見:私たちを世に出してくれたのは深夜の生放送番組『オールナイトフジ』。山崎先輩は、同じ「おかわり」の松尾羽純さんと『ビデオソフト情報』のコーナーをやってましたよね。

山崎:3本のうち1本はアダルトビデオだったの。今から思うと、よくあんなの放送できた。

片岡:それがまた、すっごい場面をセレクトして(笑い)。

山崎:私と羽純ちゃんは子供っぽかったので、あえてそういう子にやらせようとの狙いだったのね。だから本番ギリギリまで読み上げる原稿を見せてもらえなかったのよ。

立見:私とは因縁の深い(笑い)、タカ(石橋貴明)さんの「テレビカメラ破壊事件」も大きな話題になりましたね。

山崎:ノリ(木梨憲武)さんは「俺しらねー……」って何度もつぶやいてた。1500万円のカメラが一瞬でダメになった瞬間でしたから。

片岡:あれは驚いたよね。

山崎:スタジオにバーがあってゲストはお酒は飲み放題だったし、タバコも。

片岡:煙たかったよねえ。番組に出て得したことだと、ゲスト出演の外国のアーティストにたくさん会えたこと。マドンナもいたし、シンディ・ローパーも。さらに愛する松田聖子ちゃんがゲストの時は、カメリハに間に合わなかったので、私が代役を務めさせてもらって『Rock’n Rouge』を聖子様に見立てて歌わせてもらった!

立見:私はロケが多くて、それもオチのほうで使われて。真冬の山中湖でワカサギ釣りをやらされた時は、氷が固まっているのに「いいから手で掘れ!」って、涙が止まらなかったですよ。まあそんな悲話はさておき、私たちが青春を謳歌した「女子大生ブーム」は再び来ますでしょうか? 流行は廻りますから、来るような気もしますよね。

山崎:来るかどうかわからないけど、ちやほやされて、おしゃれも食事も楽しめたし、良い時代だったと思います。今の子たちにも楽しんでほしい。男の子たちも良い車に乗っていて、当時はみんなに余裕があったんですかね。

片岡:良い車に乗っていないとモテないような時代だった。でも今の子たちは興味がないのかな。そもそも車も持ってない子が多いよね。ブームがくるなら、今高校生の私の息子にも、大学生になったら、私たちと同じように輝くいい時代を過ごしてもらいたいな! 良い車が必要と言われたらちょっとコワイケド(笑い)。

【プロフィール】

かたおか・せいこ/1964年6月1日生まれ、神奈川県出身。初代オールナイターズとして活躍し、「結城先生の真夜中のお料理教室」などのコーナーに出演し人気を博す。同番組内で井上明子とのユニット「おあずけシスターズ」を結成。現在はタレントとして活躍中のほか、歌手としてライブ活動も行なっている。国立大学法人東京学芸大学の非常勤職員でもある。

たつみ・りか/1965年11月14日生まれ、東京都出身。ミス東海大学として同番組に出演。初代オールナイターズとして活躍後は、「おニャン子クラブ」のメンバーとなる。現在は、タレント、多方面のプロデューサーとして活動中。2019年1月にプロデュースしているボタニカルコスメ「IPOLANI」のイポラニ口元・目元用クリームが発売予定。

やまざき・みき/1964年10月28日生まれ、神奈川県出身。高校在学中にスカウトされデビュー。同番組には初代オールナイターズとしてレギュラー出演。松尾羽純、深谷智子と3人組ユニット「おかわりシスターズ」を結成し歌手活動も行なった。1985年には司会にも抜擢されるなど高い人気を誇った。現在は女優として活躍。

取材・文■石田伸也

※週刊ポスト2018年11月30日号

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。