記事

環境保全には紙の新聞が効く!という調査結果

地元に新聞社がなくて、自治体や議会が記者の監視に晒されないと、いかに腐敗するかの典型例としてあげられるのが、2010年に発覚したカリフォルニア州ロサンゼルス郡ベル市のケースです。

当時、このブログでも取り上げていますが、簡単に言うと、地元紙が経営難から消滅して10数年の取材空白地域になっていた、とても貧乏なベル市で、市の最高幹部が議会や警察、市役所幹部を抱き込んでサラリーや年金を桁外れの額に上げていた、というスキャンダルです。

それを別件でベル市を訪れたロサンゼルスタイムスのベテラン記者が気づいて、報じたことで全米に知られることになりました。

まあ、このケースは、新聞関係者が、「民主主義の監視役として欠かせない」とする自らの存在理由を語る場合に持ち出されるのですが、今度は「環境問題にも新聞は欠かせない」という実証的な研究結果が出たようです。

これは、カナダ・カルガリー大学でも教鞭を執り、北米事情にも明るいスウェーデン・ストックホルム商科大学のパメラ・キャンパ(Pamera Campa)准教授が調査、分析し、環境経済学に関する国際的な学術誌「Journal of Environmental Economics and Management」に掲載されたものです。

[画像をブログで見る]

新聞は有害排出物を減らすのか?(Do newspapers reduce toxic emissions?)」と題する論文ですが、データセットはなぜか来年1 月までエンバーゴ(公開禁止)とのことなので、Campa准教授に直接取材していると見られるPacific Standardの記事から要約して紹介します。

研究対象になったのは米国。米環境保護庁が作成したToxics Release Inventory(有害物質放出一覧)から、各州の排出量トップ20工場を抜き出し、それらの工場についてのニュース記事をNews Libralyと呼ばれるアーカイブから収集しました。

残念ながら、その関連報道は稀で、各州トップ20の4%しか記事になっていなかったそう。「ローカル紙には環境専門記者がいないせいかも」とCampさんは推測します。

しかし、稀な報道例を検証すると、「ニュースになった工場は、有害物質の排出を減少させた」ことが分かりました。

その一例としてあげるのがマサチューセッツ州のNRGエナジーの所有するサマーセット火力発電所のケース。2000年にはほぼ100万ポンドの有害物質を排出していましたが、2002年に地元のヘラルドニュースが「サマーセットプラントは州内で3番目に有害物質排出が多い工場だ」と報じたところ、その年の後半に工場が公表した排出量は、突如、40万ポンドに減少したとのことです。

Campa助教授は、新聞報道と特定工場の排出物減少との間に直線的な結論を出すことはできないが、他でもそうした出来事が規則正しく起きているとして、不名誉な工場に対する新聞パワーによって、より良い環境規制に向かうことがシステマチックに起きている、と主張しているようです。

また、調査研究では、より多くの新聞があるエリアにある工場は、より少ないエリアにある工場より、排出量が少ないことも発見しました。多くの新聞があれば、批判を受ける機会が多いということのよう。この傾向は、特に消費者向け製品を製造する工場に当てはまるそう。こうした業種は世間の評判に敏感なせいだろうと、Campaさん。

先日、ノースカロライナ大学のメディア・ジャーナリズムスクールはTHE LOSS OF LOCAL NEWS: WHAT IT MEANS FOR COMMUNITIESと題するレポートを公表しましたが、それによると2004年以来、米国では1800のコミュニティ新聞が廃刊もしくは合併し、これによって1400のコミュニティでどんなニュース報道もなされなくなったと報告しています。

それを、ノースカロライナ大の研究者たちは「ニュース砂漠(News Desrt)の拡大」と名付けて警告を発しているのですが、まさに、冒頭で紹介したベル市と同様のコミュニティが広がっているわけです。

それをインターネットニュースサイトが埋めているかに見えますが、Campa准教授は言います。「グローバルなオーディエンスに向けて発信するネットニュースにとって、特定のローカル工場について報じることにどんなインセンティブがあるのかは不明だ。このインセンティブの不在が、アップルやグーグルについては何でも知ってるけれど、我々の住んでるところの工場で起きてることは何も知らないというシナリオになる」

「だから、環境保全に紙の新聞は欠かせない」。米国だけでなく、日本も含む世界の新聞関係者には心強い、新たなメッセージではありますが。

あわせて読みたい

「環境問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  4. 4

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  7. 7

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  8. 8

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  9. 9

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。