記事

大阪万博2025誘致決定 世界一の高齢社会の中で「いのちを輝かせる未来社会」を描けるか!

・動画は、大阪万博2025誘致動画(出所:経済産業省)
 https://www.expo2025-osaka-japan.jp/overview/ 

 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。来年7月の参院選に向けて、自民党から公認を頂きました。引き続き国家国民のため、全力を尽くす所存です。

●祝 大阪万博2025誘致決定

11月23日(金)(日本時間24日)、国際博覧会事務局(BIE)総会がパリで開催され、2025年の万博(万国博覧会)の開催地として、大阪が選出されました。開催地大阪はもちろん、安倍総理や世耕経産大臣はじめ政府、経済界一体となった誘致活動の成果であり、心よりお慶び申し上げます。事前の予想は楽観できるものではなかったので、本当に良かったです。

1回目の投票結果(3分の2以上の104票以上で選出)
日本(大阪)        85票
ロシア(エカテリンブルグ) 48票
アゼルバイジャン(バクー) 23票
計            156票

決戦投票(上位2国による多数で選出)
日本(大阪)        92票
ロシア(エカテリンブルグ) 61票
計            153票
http://www.meti.go.jp/press/2018/11/20181123002/20181123002.html

私も、昨年参議院ODA調査団の一員として、カザフスタンやモンゴルを訪問した際に、大阪万博誘致を団としてお願いしていましたので、本当に良かったと思っています。

●万博とは

万博は、万国博覧会、国際博覧会のことで、様々な物品や技術等が展示され、それにより世界中の多くの人が集まり、文明や人類の進歩に貢献していきました。

今や当たり前となっている数々の製品も万博が契機となっています。エレベーターが1853年ニューヨーク万博で、電話が1876年フィラデルフィア万博で、エジソンの蓄音機や自動車、冷蔵庫は1878年パリ万博で、エッフェル塔はフランス革命100周年記念として1889年パリ万博で(エジソンの白熱電球で初の夜間照明も実施)、空中観覧車は1893年シカゴ万博で、地下鉄や動く歩道は1900年のパリ万博で、ナイロンやプラスチック、テレビは1939・1940年のニューヨーク万博で出展されました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hakurankai/kako.html 

1928(昭和3)年には、国際博覧会条約が締結され、博覧会国際事務局(BIE)がパリで設置されました。同条約には、博覧会の定義として「公衆の教育を主たる目的とする催し」とあり、「文明のために人類が利用することのできる手段や、達成された進歩」「将来の展望を示すもの」とされています。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hakurankai/jyouyaku.html 

 国際博覧会は、国際条約に基づく唯一の国際的行事であり、政府が開催と参加の意思決定を行う国家的行事でもあります。

●大阪万博2025の概要

昭和45(1970)年に我が国で最初に開催された大阪万博(EXPO’70)は、岡本太郎氏の「太陽の塔」に象徴され、高度経済成長の到達点として一大行事でした。米国のアポロ11号が持ち帰った「月の石」に長蛇の列ができました。ファミリーレストラン、ワイヤレステレフォン、電気自動車、動く歩道がお披露目しました。その後の平成17(2005)年の愛知万博ではICチップ入り入場券、AED、ドライミストが登場しました。さて、7年後の大阪万博では、世界一の高齢社会を迎える我が国が、人生100年時代という成熟した社会の中で、いのちを輝き続けるような新しい技術や商品を、世界に発信していくことができるでしょうか。

開催テーマ:いのち輝く未来社会のデザイン
開催期間:2025年5月3日(土)〜11月3日(月) 185日間
開催場所:大阪 夢洲(ゆめしま) 82ha
想定来場者数:約2,800万人
経済波及効果(試算値):約2兆円
会場建設費:1250億円(国、地方、民間で負担)
運営費:800~830億円(入場料収入で賄う)
出展事業費:政府や自治体、外国政府、国際機関の自己負担
途上国支援費:220万ドル×約100か国=2.18億ドル(万博過去最大)
大阪関連事業費:誘致費36億円 地下鉄延伸等640億円 道路改良40億円 埋立追加50億円等
http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/data/20170407001.html

来年5月には御代替わりがあり、平成から改元され、新しい御代となります。その年の10月からラクビーワールドカップが、2020年は東京オリンピック・パラリンピック競技大会が、2021年はワールド・マスターズ・ゲームズが関西広域圏で開催されます。そして2025年には、大阪において、万博が開催されることになります。我が国の経済成長を持続させるエンジンを期待したいと思います。

そして、国際博覧会の目的である、「公衆の教育」に資するよう、党の立場からも支援していきたいとも思っています。

●(参考)万博の歴史

博覧会の起源は、紀元前のエジプトやペルシャ、古代ローマに遡るという説があります。国王即位祝典行事として、芸術品や衣類が民衆に披露されたり、辺境征服の後で戦利品や奴隷が民衆に誇示されたりすることをもって、原始的博覧会だというのです。博覧会は古代オリンピックより古いということになります。

その後、欧州では人口の増加と都市への集中が起こり、商業や交通が発達し、「市(いち)」が生まれます。市の中には、物を売ることだけでなく、技術や物産の展示自体を目的としたものが現れました。これも博覧会の原型となります。

近代博覧会は、1475年にフランスのルイ11世がロンドンで開催した「フランス物産展」だと言われており、その後パリやロンドンで度々開かれた美術展なども博覧会の一種と言われています。そして、1851年、ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で国際博覧会が始まります。25カ国が参加しました。我が国が初めて国際博覧会に出展したのは、1867年(慶応3年)の第2回パリ万博からでした。幕府や薩摩藩、佐賀藩が出展しました。

明治5(1872)年に我が国では、東京の湯島聖堂において、国内博覧会を開催し、それが東京国立博物館の設立に繋がりました。翌年ウィーン万博から正式に参加するようになりました。我が国は万博の参加によって、近代化に大きな力を得ることになり、また我が国の伝統的な産品や建築は、欧州での浮世絵ブームをはじめ「ジャポニスム」として、各国に影響を与えました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hakurankai/banpaku.html 

 我が国では、昭和15(1940)年に東京の湾岸地域の月島(晴海)などを会場に、紀元2600年記念日本万国博覧会および東京オリンピックを開催すべく準備が進められていたと言います。勝鬨橋はその整備の一環で造られました。支那事変が激化したため、昭和13(1938)年に中止となってしまいました。我が国およびアジアでの開催は昭和45(1970)年に大阪で開かれた日本万国博覧会(大阪万博)が最初です。我が国及びアジア最初の東京オリンピック大会開催の6年後でした。

国際条約上、昭和45(1970)年の大阪万博(77か国4国際機関参加・6422万人入場)は一般博で、昭和50(1975)年の沖縄国際海洋博覧会(36か国3国際機関参加・349万人参加)、国際科学技術博覧会(つくば万博、48か国37国際機関参加・2033万人入場)、国際花と緑の博覧会(大阪鶴見緑地、83か国37国際機関18園芸関係国際団体参加、2312万人入場)は特別博で、2005年日本国際博覧会(愛知万博、121か国4国際機関参加、2205万人入場)が日本で開催された唯一の登録博です。そして、大阪万博が愛知万博から20年ぶりに開催されることになります。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hakurankai/nihon.html 
 
私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもって総合的に判断し、日々全身全霊で取組みます。

あわせて読みたい

「大阪万博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  3. 3

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  6. 6

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  7. 7

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

  8. 8

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    元中国人の選挙出馬に心ない罵声

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。