記事

ゾゾ前澤"世界中からアートを集めるわけ"

1/2

2017年5月、米国人画家バスキアの絵画作品がニューヨークで競売にかけられ、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するゾゾの前澤友作社長が落札した。前澤氏は世界有数のアートコレクターだが、「好きなものを買って、みんなと共有して楽しんでいるだけ」という。その独特のコレクション哲学とは何なのか。東京芸術大学大学美術館の秋元雄史館長が聞いた――。

秋元雄史・東京芸術大学教授(左)と前澤友作・ZOZO社長(右)。前澤社長の私邸にて。(撮影=宇佐美雅浩)

■バスキアを123億円で落札

【秋元】昨年サザビーズで落札されたバスキアは、123億円とうかがっています。飛び上がるような金額ですが、前澤さんは、あのバスキアの絵にはそれだけの価値があると認めた。バスキアに限らず美術品の価値は、金額とリンクしているとお考えでしょうか。

【前澤】はい。美術品のコレクターであれば、みなさんそうおっしゃるとおもいますよ。作品単体でみても素晴らしい作品は人気があって高く、そこに歴史や伝来などが加わればなおさらです。また、入手しにくければそれも値段が上がる要因になります。結局、価値のある美術品は、それに見合うだけの値段がつけられるのです。

【秋元】お金は美術品の正当な価値の指標であるというわけですね。

【前澤】それも、かなり洗練された指標になっています。資本主義社会では、なんでもそうではないですか。あらゆるモノやサービスの価値を表すのに最も適しているのは、やはりお金です。そういう意味では、お金というものは、本当にうまくできています。

ただし、モノが介在しなかったりレバレッジを利かせたりする金融資本主義的な世界は、やはり少しどこか狂っています。その世界に関して僕はあまり好きではありません。実体を伴わず、ただ“お金がすべて”という価値観は変えていきたいですね。

【秋元】美術の世界には、作品を投資対象としてみる金融資本主義社会の住人には、入ってきてほしくないですか。

【前澤】僕にはそれに関していう権利はありません。ただ、作品を買っても倉庫から一度も出さず、10年くらい経って市場価値が高まった頃に売却して「3億円儲かりました」などと言うのは、アートへの理解もなければアーティストへの敬意も欠けていると思う。僕自身はそうなりたくないと思っています。

(バスキア)BASQUIAT JEAN-MICHEL +1988「Untitled,1992 Contemporary Art Foundation」The Estate of Jean-Michel Basquiat/ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2018 G1595

■アートは世界中の人と共有すべき

【秋元】バブルのころ、ゴッホの絵を手に入れたある日本の経営者が「自分が死んだらこの絵も棺桶に入れて一緒に焼いてくれ」と発言して物議を醸したことがありました。コレクターのひとりとしてそういった感情は理解できますか。

【前澤】とんでもない。購入した作品は自分のものというより、受け継がれていくべき人類の財産を一時期だけ所有させてもらっているというイメージです。だから、とてもそんなことはできないし、そうしたいとも思いません。素晴らしいアートは世界中の人と共有すべきです。アートにはコミュニケーションを促進し、みんなを笑顔にする力があります。僕はそんなアートの素晴らしさを多くの人に伝えていきたいのです。

【秋元】前澤さんは今年、フランス芸術文化勲章「オフィシエ」を受章されました。まさにそういった活動が認められたということですね。

【前澤】そんな大層なものを、僕なんかがもらってしまっていいのかなっていうのが率直な感想です。でも、まあ、ほめられて悪い気はしませんけどね(笑)

【秋元】文化大国のフランスに比べ、日本の文化に対する成熟度はどうですか。

【前澤】日本人は、美術品を鑑賞するのは好きで、見る目もあると思います。ただ、所有や保管という点では、残念ながらあまり意識が高いとはいえません。実際、すごく価値のある骨董品が、蔵の隅でほこりをかぶっていたり、先祖代々受け継がれてきた貴重品を、保管が面倒だからと二束三文で売り飛ばしたりしてしまう。そのおかげで、巡り巡って僕のところに来たりするのでしょうけど(笑)。

欧米では、歴史的なものを後世に残すことに、国を挙げて取り組んでいますが、日本は、その点ではかなり遅れています。芸術文化に割く国や自治体の予算も少ないし、公益財団法人一つ簡単にはつくれない、相続するにも税金が高い。いいものがどんどん国外に流出してしまうのも仕方ない気がします。

「北大路魯山人 蟹絵皿」を手に持つ前澤社長。(撮影=宇佐美雅浩)

■アートをビジネスにする予定はない

【秋元】日ごろから、競争するより協調する社会にしたいと発言されています。今、世界は競争を強める方向に進んでいるような気がしています。どうすれば人々がもっと協調し合える社会になると思われますか。

【前澤】競争が強くなっていますか? 僕には社会全体が協調に向かっているようにみえますが。たしかに会社同士は競争しているのでしょうけど、でも、その会社も減っていくのではないですか。中途半端な会社はなくなり、本当に必要とされる会社だけが残る、自然とそうなると思いますよ。

【秋元】これから起業しようという若者の手本に、自分がなっているという自覚はありますか。

【前澤】ないです。僕なんかより素晴らしい経営者がたくさんいるので、そういった人たちをぜひ参考にしてください。

【秋元】今後、アートをビジネスにしていく予定はありますか。

【前澤】それはありません。ただ、自分でつくってみたいという気持ちはあります。特に陶芸をやってみたいですね。

【秋元】絵はどうですか。

【前澤】絵はダメですね。絵心がないのです。ドラえもんとか描かせたらひどいですよ(笑)。

■億を超える金額でポップアートを購入

【秋元】美術品のコレクションを始めたきっかけを教えてください。

【前澤】10年ほど前に、会社の空いている壁に掛けようと、ロイ・リキテンスタイン(アメリカのポップアートの代表的作家)の結構大きめのペインティングを購入してからですね。それまでシルクスクリーンやポスターのようなものはいろいろ買ってはいたのですが、いわゆる本格的なペインティングというのはそれが最初です。

【秋元】10年前のリキテンスタインというと、すでにかなりの金額だったのではないですか。

【前澤】そうですね、億は超えていましたね。

【秋元】コレクションの入り口というと、一般的には印象派や日本画だと思うのですが、リキテンスタインというアメリカの現代アート(20世紀以降の美術)を選んだのは、どういう理由からですか。

【前澤】近代絵画というものに当時は、あまり興味がありませんでした。ピカソやゴッホであれば知っていましたけれども、その頃はまだどれを観ても一緒だなという印象であまり惹かれなかった。その点、現代アートはものすごく個性的なものが多いではないですか。

【秋元】強い個性に魅力を感じたということですね。

【前澤】それに、社内に飾るのが目的だったので、作品単体でどうというより、会社の内装や社員のファッションなども考慮して、その中で最も合うものがリキテンスタインだったのです。

【秋元】単なる会社のインテリアだったはずのものが、それにとどまらずどんどんエスカレートしていったということですね。

【前澤】たしかに、初めは、壁をアートで埋められればいいという程度の意識しかありませんでした。でも、引っ越して広くなると壁の数も増えるし、季節や内装が変わればそれに合わせてアートも取り換えたくなりますよね。

それで、そのたびに好きな作品を探して買い足していくと、自然と数が増えてしまった。最初からコレクションしようと思って始めたわけでないですし、今も自分ではコレクターだという意識もないんです。

前澤社長の私邸には著名な現代アート作品が並べられている。(撮影=宇佐美雅浩)

あわせて読みたい

「前澤友作」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  8. 8

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  9. 9

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。