記事

"細かすぎて"に石橋貴明が絶対必要なワケ

1/2
今年3月に終了したバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気コーナー、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が11月24日に特番として復活する。なぜこの企画は人気なのか。お笑い評論家のラリー遠田氏は「マイナーな題材のモノマネで笑いを生み出すのは簡単なことではないが、この企画には視聴者を笑わせる画期的な『工夫』があった」と分析する――。

『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ2018』公式ホームページより

■まさかの復活に期待の声

『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が、11月24日に特番『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』として復活します。石橋貴明、バナナマン、今田美桜が約50組の芸人たちのフレッシュなモノマネを見届けます。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』で「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が初めて放送されたのは2004年のこと。それ以来、年に1~2回ほどのペースで続けられ、放送されるたびに大きな反響を巻き起こしてきました。2018年3月に番組が終了したため、この企画も二度と行われることはないと思われていました。今回まさかの復活を遂げられたのは、なぜでしょうか。

■あえてマイナーなモノマネを披露

「モノマネ」は、テレビバラエティーの世界で不動の人気を誇っています。『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)をはじめとして、モノマネ番組には長い歴史を持つものが多く、モノマネというジャンルでは毎年のように新しいスターが生まれています。

「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」は、モノマネという芸を今までとは違った切り口で見せる画期的な企画でした。そもそもモノマネがなぜテレビで多くの人にウケやすいのかというと、真似される対象が有名人だからです。

例えば、「和田アキ子のモノマネ」は、和田アキ子というタレントを知っている人なら誰でも理解することができます。基本的に、テレビで披露されるモノマネで扱われるのは、どんな人でも分かるようなメジャーな題材ばかりです。だから、芸を披露する前に余分な説明や前振りが要りません。これがモノマネという芸の優れているところです。

しかし、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」では、あえてメジャーではないものをモノマネの題材とします。また、たとえ有名人を扱う場合であっても、今までなかった新しい切り口でネタが作られていることが多いのです。この手のネタはそれまでにも「マニアックモノマネ」などと呼ばれていて、モノマネの1つのジャンルではありましたが、主流ではありませんでした。

マイナーな題材でモノマネを披露して、それを多くの人に理解させて、笑いを生み出すのは簡単なことではありません。しかし、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」では、いくつかの工夫によってそれを実現させています。

■笑いの山をつくる「斬新な工夫」

まず、舞台に登場したパフォーマーが自分自身でこれから披露するネタのタイトルを述べます。タイトルは「○○しているときの○○」のように説明的なものが多く、かなり長文になることもあります。

題材がマニアックであればあるほど、この説明は長くなる傾向があり、その時点で「そんなところに目をつけたのか!」という驚き混じりの薄い笑いが起こりやすくなっています。それによってネタに対する視聴者の心理的なハードルが下がり、笑いやすくなります。説明をあえて馬鹿丁寧にすることでマニアックモノマネの面白さを際立たせているのです。

また、ネタを終えたパフォーマーが「穴に落ちて舞台の底に消えていく」という演出も画期的でした。この企画では1つひとつのネタの時間が短いため、パフォーマーの出入りに時間がかかるとそれだけでテンポが悪くなってしまいます。もちろん舞台から退場するシーンだけを編集でカットすることはできますが、そこを切ってしまうとライブ感が損なわれてしまいます。ネタが終わるタイミングでパフォーマーを穴に落としてしまえば、退場する時間を削れる上に、笑いどころが増えて一石二鳥です。

たとえモノマネ自体がそれほどウケなくても、人が穴に落ちる姿はそれだけで笑いになります。パフォーマーを穴に落とせば、1つひとつのネタの最後に必ず笑いの山を作ることができるのです。これもマニアックモノマネを見せる工夫として斬新でした。

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。