記事

日比谷、湘南などトップ校復権 公立高校志向が強まる背景

【トップクラスの公立高校は入試問題の難易度が上がっている】

 11月末から12月中旬は、高校受験において受験校を最終決定する時期である。近年、高校受験は一部の難関校を除いて、どの都道府県でも公立志向が強くなっているという。公立高校の実態は、保護者の時代とは驚くほど変わっている。安田教育研究所代表の安田理氏が、首都圏の公立高校を例に解説する。

 * * *

 公立高校も都民、県民から評価されなければなりません。私立高校と最も比較されやすいのが大学合格実績。大学合格実績を上げるうえでもっとも手っ取り早い方法が、学力の高い生徒を集めること。そういう視点でとらえると、近年の各自治体の教育政策が理解しやすいと思います。

◆学区がなくなる

 保護者の頃は公立高校の普通科には学区というものがあり、居住地によって受験できる高校は決まっていました。それが世の中の規制緩和の流れが高校教育にも及んで、学校選択の自由化ということで、2003年以降撤廃され出しました。

 現在、首都圏で学区が残っているのは千葉県のみです(9学区に分かれていますが、隣接学区の高校は受験できるので、実際はかなり広範囲から選べます)。

 横浜市立、千葉市立、さいたま市立など市立の場合は学校ごとに規定があり、制限がない学校もあれば、市外は募集人員の8%までという制限のある学校もあります。いずれにしても保護者の時代と違い、居住している都県内ならばほとんどの公立高校が受験可能になっています。

 その結果どうなっているかというと、学力に自信のある生徒が特定の学校に集中するようになりました。実際、どの県でも、交通の便が良い学校、大学進学実績の高い学校に人気が集まるようになってきて、トップ校ほど厳しい入試が目立つようになっています。

 そのため、3番手以下の学校との間のレベル差が開く傾向にあり、3番手の学校は以前より入りやすくなっていること。また出来る子が特定の学校に吸い上げられてしまって、5番手以下になるとお手本となる子がいないために学校が勉強に適した環境になっていないというケースも生まれています。

◆「指定校」が広がる

 学区撤廃により高学力層が特定の学校に集中するようになったことは先のとおりですが、これをより制度的に進めたのが「指定校」です。

 公立というのは建前としてみな平等であるという前提で施策が行われてきましたが、新自由主義の考えが社会に広がり、国民の間に競争が当たり前で、差をつけることに抵抗感がなくなってきたことを背景として、公立高校に「指定校」が生まれています。

 これは、行政のほうで、特定の学校を大学進学に力を入れる「進学重点校」として指定するというもの。東京都の「進学指導重点校」は有名です。あまり知られていませんが、他県でも似たような指定があるので紹介しましょう。これもいろいろ変遷がありますが、現状のものを紹介します。

【東京都】

・進学指導重点校/日比谷、戸山、西、八王子東、青山、立川、国立

・進学指導特別推進校/小山台、駒場、新宿、町田、国分寺、国際、小松川

・進学指導特別推進校/三田、豊多摩、竹早、北園、墨田川、城東、武蔵野北、小金井北、江北、江戸川、日野台、調布北、多摩科学技術

 東京都は学校数が多いので、このように3つのレベルがあります(年度により昇段もあります)。こうした指定校は教員を公募できる(意欲のある教員を集められる)、予算がより多く配分されるなど、優遇されています。

【神奈川県】

・学力向上進学重点校/横浜翠嵐、柏陽、湘南、厚木

 これまでは年々増えて20校ほどが指定されていましたが、絞り込みが行われました。

【千葉県】

・進学指導重点校/木更津、佐原、千葉東、長生、県船橋、安房、佐倉、成東、匝瑳、県柏

 各学区から1校というかたちで、県全域に指定校があることが特徴です。

【埼玉県】

・骨太のリーダーを育成する高校生のための埼玉版リベラルアーツ事業/県浦和、浦和第一女子、浦和西、大宮、春日部、川越、川越女子、熊谷、熊谷女子、不動岡、越谷北、蕨

 以前は「進学重点校」的な名称でしたが、全校が何らかの指定を受けており、伝統校のグループはこうした名称でくくられています。

 以上は全体的な学力による指定ですが、公立も私立のような特色ある高校づくりを進めています。国のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)、SGH(スーパーグローバルハイスクール)の県版のような指定は各都県ともありますが、ここでは際立った一例を紹介しましょう。

【東京都】

・医学部進学チーム/戸山

【千葉県】

・医歯薬コース/東葛飾

 このように今では公立も私立のような特色化、個性化を図っているのです。

◆入試問題が違う

 保護者の頃はどの高校を受けても、試験教科、試験時間、試験問題ともみな同じでした。が、高校進学率が97%にも達するようになって、オール1の子でも高校受験するようになりました。そうなると学力幅の大きい受験生に対応した共通問題では、トップ校は実質的にケアレスミスで差がつき、学力を正当にはかれないという弊害が出てきました。

 そこで各都県とも試験問題についてはいろいろ試行錯誤していますので、これについても現在どうなっているか、お知らせしましょう。

【東京都】

・自校作成問題/日比谷、戸山、西、八王子東、青山、立川、国立(以上、「進学指導重点校」)、墨田川、国分寺、新宿(以上、進学重視型単位制)

・グループ作成問題/白鴎、両国、富士、大泉、武蔵(以上、併設型中高一貫教育校)

 国語・数学・英語については共通問題より難しい問題で試験を行っています。

【神奈川県】

・特色検査/上位校の多くが学力検査とは別に「特色検査」を行って高度な学力を見ています。横浜翠嵐、希望ヶ丘、横浜緑ヶ丘、柏陽、横須賀、湘南、平塚江南、厚木、市立横浜サイエンスフロンティア、光陵

【千葉県】2日目に各校が面接・自己表現・作文等を行い、それぞれに選抜。

【埼玉県】数学・英語の一部に共通問題より難度の高い「学校選択問題」を出題しています。

 実施校は先の「骨太のリーダーを育成する高校生のための埼玉版リベラルアーツ事業」の指定校である県浦和、浦和第一女子、浦和西、大宮、春日部、川越、川越女子、熊谷、熊谷女子、不動岡、越谷北、蕨に加え、川口北、川越南、熊谷西、越ヶ谷、所沢、所沢北、和光国際、市立浦和の20校。

 共通問題ばかりの時代は、問題が易しいので、上位校はほぼ満点を取らなければ合格が難しいというイメージがありましたが、いまは上位校ではこのように問題を難しくする工夫をしています。

 ですから、長い間、公立高校の受験対策は「基礎・基本」と言われてきましたが、上位校ではより高い応用力を求められるようになってきて、特別な対策が必要になっています。

 以上、「学区撤廃」「指定校」「入試問題の違い」といったように、学校の差別化がいろいろな面から進んでいるのが、近年の公立高校の現実です。

あわせて読みたい

「受験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  5. 5

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  6. 6

    宗男氏 枝野氏の趣旨弁明に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。