記事

【置き配】、トラップボックスで商売上々!配達物の盗難対策に散弾銃暴発もアマゾン効果?


■2018年も10ヵ月が過ぎ、もうすぐ年末商戦だ。アメリカの景気を反映し今年の年末商戦も忙しくなる。特にEコマースの売れ行きは好調と予想されている。しかしECには問題がある。問題になっているのは置き配による盗難だ。アメリカの宅配便では受け手が不在の場合、玄関などドアの前に置きっぱなしとなる置き配が一般的なのだ。

ネット通販の利用者が増えて置き配も増えると盗難も増える傾向になる。保険の見積もりを行うインシュランスクォーツ(InsuranceQuotes)のレポートではアメリカで2,300万人が宅配盗難の被害にあっていると報告している。玄関に置き配された宅配物を盗む輩を「ポーチ・パイレーツ(Porch Pirates:ポーチとは玄関の意味で『玄関盗賊』)」と呼び、ECの隆盛にともない年々深刻になっているのだ。

 ポーチ・パイレーツ対策としてアマゾンは昨年10月、配達員が留守宅のスマートドアを開けて宅配するサービスを始めることを発表した。不在時でも配達員が屋内に注文品を届けることで再配達を減らし、置き配による盗難被害を解消する目的だ。不在宅に届ける配達員の様子もスマートフォンから監視カメラの映像を見ることも可能だ。

またアマゾンは今年4月、利用者の車を宅配ボックス代りにするサービスを開始した。プライム会員のみ利用可能な「アマゾン・キー・インカー・デリバリー(Amazon Key In-Car Delivery)」は、配達員が自動車のトランクを開けて宅配するサービスだ。しかしどちらのサービスもコストがかかる。車を宅配ボックス代りにするサービスでは車種が一部に限られている。

 ストアピックアップをしようにもECの場合、ピックアップ先がない。アマゾンはアマゾンロッカーを展開しているが、年末商戦はいつもいっぱいとなる。結局、配達で置き配になってしまう。自衛手段として玄関にセキュリティカメラを設置する人もいる。しかしカメラで撮影しても変装して盗むのだ。

 このポーチ・パイレーツ問題を商売にした人がいる。ワシントン州タコマ市に住むジェレミー・バローさんは相次ぐ置き配の盗難に頭を悩ませていた。バローさんは「仕事に出かけて家に戻ってくると、来ているはずの宅配物がないのです。セキュリティカメラで撮影した映像を確認すると宅配物は盗まれていたのです」と語る。

そこでバローさんはポーチ・パイレーツにリベンジを思いついた。宅配物の箱を持ち上げると、大型ショットガン(散弾銃)が暴発するというフェイクボックスだ。散弾銃用の雷管(起爆装置)を設置した重石に底の抜けた段ボール箱を載せて置く。起爆装置にはスイッチ代わりになるケーブルが段ボールとつながっており、箱を持ち上げるとスイッチが入って暴発するというもの。不意に目の前ですさまじい暴発音を聞くため泥棒が驚いて逃げ出すのだ。

早速、バローさんはフェイクボックスの仕掛けて撮影。後で映像を確認すると爆発にびっくりしたポーチ・パイレーツがほうほうのていで逃げ出す様子が映し出されていた。この話がテレビで紹介されるとバローさんのもとに「あの装置を売ってくれ」との注文が舞い込むようになったのだ。

これでバローさんはオンライン上に「ブランク・ボックス( The Blank Box)」を立ち上げ、ポーチパイレーツ撃退フェイクボックスを販売するようになった。

1発暴発用60ドル、2発暴発90ドルと安くはないが、リベンジしたい人が全米にいてバローさんの商売は上々だという。これもアマゾン効果かもしれない。

トップ動画:相次ぐ置き配の盗難に頭を悩ませていたジェレミー・バローさんが発明したフェイクボックスを報じるニュース動画。散弾銃の暴発音に驚いて逃げ出す泥棒の姿が笑える。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。動画を見る限りはフェイクボックスの銃声はそれほどでもないようですが、至近距離にいれば、かなりの衝撃波を受けるみたいです。エントリー記事では銃声ではなく暴発と訳しましたが、近くではドンッという爆発音に近いのではと思います。いずれにしても散弾銃の銃声は迫力のある発砲音ですから、ショックを受けると思います。フェイクボックスの効果はバツグンです。一方で驚きなのはポーチ・パイレーツはアメリカで本当に深刻な問題だということ。ジェレミー・バローさんは、セキュリティカメラで玄関を撮影した動画をYouTubeにアップしていますが、トラップに次々に引っかかる輩が映しだされています。深夜から昼間?までわざわざ柵のドアを開けて玄関にある宅配物を盗もうとするのです。彼が住んでいる場所が悪いのか、かなりの盗難にあっていることがわかります。若い女性もいます。大手チェーンストア等でストアピックアップが増える理由もわかりますね。
 宅配物が増える年末は、いたずら系YouTuberの書き入れ時でもあります。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  9. 9

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  10. 10

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。