記事

慰安婦財団 解散

 朝鮮半島出身労働者の判決に続き、引き続き韓国による全く理解に苦しむ事態が生じています。

解散された「和解・癒やし財団」は、2015年12月28日、いわゆる慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を実施するため、この問題の日韓合意に基づいて、設立され、日本政府は10億円の資金を拠出しました。

 韓国政府は日韓合意において、問題が「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と発表しておりますが、この度再び国際合意を覆そうとしています。「またか」と慣れてはなりません。到底受け入れられない、ありえない行為です。法治国家、民主国家として体をなしていないという声もあります。

 政府も厳重に抗議だけでなく、「約束、ルールを守る」という当たり前で基本的なことを韓国が実行するまで、あらゆる手段を駆使して結果を出すことが重要です。

 「遺憾の意」で終わることなく、厳しい対応も含めた検討がなされなければなりません。

なお、本日自民党の外交部会、外交調査会等の合同会議が開催され、非難決議が採択されました。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。