記事

アニソンの帝王・水木一郎「ゼーット」を語尾につけた理由

 アニメ・ヒーローソングの先駆者で、国内外から「ANIKI/アニキ」の愛称で親しまれる水木一郎(70)がデビュー50周年を迎えた。歌謡曲のホープから、「アニソンの帝王」へと変貌を遂げた経緯を訊いた。

「ヒーローソングを歌っていると、景色が変わらないんです。僕のお客さんは親子三世代で来る。つねに新しい子供たちが加わるから、自分も、声も老けられない。

 アニソンデビューした当時、後楽園ゆうえんちで『仮面ライダー』を歌ったときから変わらないんです」

 そんな水木の実家には、幼いころから音楽があった。

「僕の生まれる前に親父がレコード屋をやっていたおかげで、家にはおふくろの好きなスタンダード・ジャズがいつも流れていた。

 フランク・シナトラなどを子守唄代わりに聴いて育って、5歳のころには『歌手になる』って宣言していたんです(笑)。庭の木に登っては、聞きかじりのでたらめな英語で歌っていました」

デビュー曲のリーフレット

 16歳のときに、当時歌手の登竜門といわれたジャズ喫茶「ラ・セーヌ」のオーディションでグランプリを獲得。数々のジャズ喫茶のステージで経験を積んだあと、作曲家・ 和田香苗氏に師事し、1968年に20歳でプロデビューを果たす。

 今でこそ個性の塊のような水木だが、当時は歌手として無個性だったという。

「デビューしてまもなく、札幌で新人歌手のサイン会があった。錦野旦くんや、野村将希くんもいたんですが、僕のところだけ誰も並ばない。

 並んでくれた人に『あなたには個性がない』って言われたのがショックでしたね……」

 歌謡曲歌手として12曲をレコーディングしたが、ブレイクの兆しが見えない。

 しかし、1971年に転機が訪れる。アニソン専門の男性歌手を探していたディレクターに「ジャケットに顔は出ないけどいいか?」と依頼されたのが、自身初のアニソン、『原始少年リュウ』の主題歌だった。

「当時のアニソン界は、なり手がいない “空き家” 状態。僕の前は堀江美都子ぐらいで、アニソン専門の男性歌手はいなかった。歌謡曲の歌手たちは、『漫画の歌手』のレッテルを恐れて、みんなアニソンを敬遠していたんです。

 でも、もともと映画主題歌が好きだった僕には、『アニメであろうと、主題歌には変わりない』と思えたんですね」

『原始少年リュウ』以降、『超人バロム・1』『変身忍者 嵐』など次々と主題歌のレコーディングが舞い込み、次第に水木は第一人者の地位を確立していく。

1976年、向ヶ丘遊園でのイベント

 しかし、「アニソン歌手・水木一郎」の名が世に知れ渡るには時間がかかった。

「歌謡曲でデビューしたときは、歌番組にも出たし、大きなステージにも立たせてもらった。

 ところが、アニソン歌手になった当初は、みかん箱の上で拡声器を持って歌わされたりすることもしばしば。どんなにレコードが売れても、僕より売り上げの少ない歌謡曲歌手のほうがちやほやされる。同じ歌手としては悔しかった。

 それでも誇りを持って歌い続けることができたのは、観に来てくれた子供たちの目がいつも輝いていたからです」

 いつしか持ち歌は1000曲を超え、1999年には前人未到の「24時間1000曲ライブ」の偉業を達成。いまや水木の知名度は国境を超え、海外のイベントに呼ばれることも多い。

「世界中どこもすごいけど、初めて行った香港で、日本語で大合唱になる光景を目のあたりにしたときは衝撃を受けました。

 たまたま入った飲食店で、お茶を注ぎに来た男性店員が、僕を見て『仮面ライダー!』って広東語で叫んだのにも驚いたね」

「アニソンの帝王」となった水木は、いまや「ゼーット!」の決めゼリフとつねになびいている赤いマフラーで、タレントとしても引っ張りだこだ。

「バライティに出始めたころは、『超人バロム・1』の『ブロロロロー』や『ズババババーン』を多用していました。求められるままに、ブロロロローって返したりして。

 でも、これだとまともに会話にならない(笑)。そのうち語尾が『ゼーット!』になるようになって、これは使えるぞ、と気がつきましたね」

 ちなみに、水木は「ゼーット!」を“飛ばす” と表現する。水木は叫ぶ前に、宙にZの字を描き、指を突き出すと同時に、画面の向こうの視聴者へと飛ばしているという。

「みんなが幸せになるようにというメッセージをこめているんです。『Z』を描きながら、声も空気を伝わっていくように飛ばしています」

 2018年で歌手業50周年、70歳の水木に今後の野望を聞いた。

「大好きなトニー・ベネットというアメリカの歌手が、2018年92歳で全曲新録のアルバムを出したんです。彼に追いつけ追い越せで、最高齢現役歌手を目指したいですね。

 あと、宇宙でライブが夢なんです。宇宙船で『キャプテンハーロック』なんて最高でしょ。アニソンには言葉の壁を越えてハートで通じる何かがある。きっと、宇宙人にも届くと思うんですよ」


みずきいちろう
1948年1月7日生まれ 東京都出身 1968年に『君にささげる僕の歌』でレコードデビュー。『マジンガーZ』をはじめ、アニソンの持ち歌は1200曲を超える

※デビュー曲や歌謡曲時代の未発表曲を収録したアルバム『JUST MY LIFE』が発売中
※2019年1月5日、6日に『水木一郎 バースデー ライブ2019』が開催決定。詳細は公式サイトにて

(週刊FLASH 2018年11月13日号

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  6. 6

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。