記事

米最高裁長官、判事の独立性擁護 トランプ大統領に反論


[21日 ロイター] - トランプ米政権の難民抑制策を一時差し止めた連邦地裁判事をトランプ大統領が「オバマ系判事」と非難したことを受け、連邦最高裁判所のロバーツ長官は21日、連邦判事の独立性を擁護する声明を発表した。

これを受け、トランプ大統領もロバーツ長官に反撃した。

最高裁が発表した声明でロバーツ長官は「オバマ系やトランプ系、ブッシュ系、クリントン系といった判事はいない」と強調し、「判事の独立性に誰もが感謝すべきだ」と述べた。トランプ大統領には言及しなかった。

長官自身はブッシュ(子)元大統領に指名された保守派判事。最高裁長官がこうした声明を発表するのは異例だ。

長官の声明を受け、トランプ大統領はツイッターで「オバマ系判事は間違いなくいる。彼らは米国の安全に責任を持つ人々とは大きく異なる見地に立っている」と反論した。

トランプ政権の難民政策を巡っては、オバマ前大統領に指名されたサンフランシスコ連邦地裁のタイガー判事が19日、メキシコ国境からの不法入国者への難民資格付与を制限する大統領令を一時差し止める判断を示した。

これを受けてトランプ大統領は20日、「オバマ系判事の判断だ。こうしたことはこれ以上起こらない」と述べたほか、リベラル色が強いとされるサンフランシスコ連邦地裁についても「恥さらし」などと批判した。

同地裁はイスラム圏からの入国制限や幼少期に親と米国に不法入国した若者「ドリーマー」の強制送還を猶予する「DACA」プログラム廃止など複数の案件でトランプ政権に不利な判断を示している。

トランプ大統領は21日にも同地裁について「国民の安全について何も知らない判事が司法アクティビズムによって国を大きな危険にさらしている」とあらためて批判。同地裁の管轄区域は「広すぎる」として分割を主張した。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  4. 4

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  5. 5

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  6. 6

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  7. 7

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。