記事

松田聖子や酒井法子を輩出した事務所が人気者を量産できた理由

サンミュージックの福田時雄名誉顧問

 11月27日、50周年を迎える芸能事務所・サンミュージックの第一号タレントとなった森田健作は、創業時から事務所を支え、故・相澤秀禎会長とともに同社を立ち上げた福田時雄名誉顧問が見出し、外交官志望だった彼を熱心に説得したデビューにこぎ着けた。その後、数多くの歌手やタレントを送り出し、なかでも桜田淳子、香坂みゆき、松田聖子など人気アイドルを次々と“量産”し続けている。福田氏が、人気アイドルたちのデビュー当時を振り返る──。

 1980年4月に松田聖子がデビュー、2曲目の『青い珊瑚礁』が大ヒットし「ポスト山口百恵」の座を射止めたが、事務所は手を緩めず、1982年の早見優、1984年の岡田有希子、1987年には酒井法子と人気者を育て、女性アイドル王国を築いた。

「売れる子は、名台詞を残していますね。早見優のデビューの年は本当に新人豊作の年で、暮れの賞レースも熾烈でした。優も様々な新人賞をいただいていましたが、横浜音楽祭では落選してしまった。当然スタッフも含めて取れるものと思っていました。終了後、優を励まそうとレコード会社のスタッフと一緒に食事に行った時に、優が『挨拶したい』と言ったんです。

『今日私は新人賞を取れると思っていたので、悔しくてトイレで泣きました。でも鏡に映った顔を見て、自分が思い上がっていることに気づきました。心を入れかえて、頑張ります』と。これは燃えましたね。日本レコード大賞新人賞に必ず入れると。

 有希子はレコード会社の挨拶回りをした時、『恋人のいらっしゃる方は半分、奥様のいらっしゃる方は3分の1で結構です。私に愛情をください』と言ったんですよ。すると、一人の男性社員が『僕は女房も恋人もいないから100%注ぎます!』と叫んで大いに盛り上がりました」

 1989年、清水美砂は知り合いの娘で、「芸能界は甘くないと説教して」と頼まれていたのに、会ったら、綺麗な娘で思わずスカウトしてしまった。NHK連続テレビ小説『青春家族』でヒロインに抜擢された際には、最終選考で「自分の一番良いところを見せてください」というお題に対し、髪を束ねて後ろを向いてから振り返り、「見返り美人です」とアドリブを繰り出した。

「機転の利く子でしたね。この頃から音楽祭の視聴率が下がってきて、歌番組も姿を消していった。歌手中心の事務所だから、苦しかった。でも、ウチは不思議と救世主が現われるんですよ」

 同年には田村英里子がデビュー。翌年、大胆なショットのカレンダーで話題になった。

「茨城の勝田に出向いて、反対する親を何とか説得しました。彼女は『一生忘れません』と感謝してくれました。度胸もあるし、感性が優れた子でしたね」

 テレビ界の流れに沿うように、1990年代は女優に活路を見出していった。桜井幸子は1990年に歌手デビューしたが、女優業にシフトすると『高校教師』『未成年』などがヒット。安達祐実は『家なき子』で一世を風靡し、酒井法子は『星の金貨』でアイドルから女優への転換を果たした。

「事務所がピンチになっても、相澤は『福ちゃんね、失敗したらさ、また最初から2人でやろうや』とよく言っていた。『平気だよ』が口癖でしたね。肝が据わっていた。それに、タレントのことを本当に愛していましたね。松田聖子がアメリカ進出したいと言ったら英会話を学び始め、酒井法子の中国公演が決まると中国語を習い出していた」

◆相澤会長が最後に見つけたベッキーという原石

 2000年代に入ると、バラエティタレントが事務所を支える。その中心的存在となったのが、相澤が最後にスカウトしたタレントであるベッキーだ。1998年、下着メーカーのオーディションに出場すると、審査員をしていた相澤と福田の目に留まり、「サンミュージック賞」を授与した。

「終了後の控え室でコーヒーが出された時、『飲む習慣がないので、申し訳ありません』と丁重に断わったんですよ。普通、中学生がそんな言い方しないですよ。聖子にしても、売れる子は親のしつけがきちんとしていますね」

 2013年5月、相澤が逝去する2日前、1971年にデビューするも鳴かず飛ばずに終わった中森重樹が病院を訪ねてきた。相澤はか細い声で「俺と出会って幸せだったか」と尋ねた。中森は「幸せだから、ここにいるんですよ」と手を握りしめた。

「40数年前、無理やり佐渡から連れてきてたことを最後まで気にしていたんだなと……。普通は恨むのに、重樹は毎年正月、相澤に挨拶しに行っていたそうです」

 デビューの頃、中森は相澤の手首に巻かれたロレックスを見て「俺も欲しいな」と呟いた。すると、「若造のする時計じゃない。男が一生懸命働いて、ご褒美に買うものだ。毎月貯金をして50過ぎたらにしろ」と説かれた。

 その日、中森が「52歳で買いました」と高級品を見せると、ベッドに横たわる相澤は笑顔で頷き、再び眠りについた。

 サンミュージック──戦後芸能史に残る名物事務所の半世紀には、タレントとスタッフの絆を示す知られざるエピソードが隠されていた。

取材・文■岡野誠

※週刊ポスト2018年11月30日号

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。