記事

日本の自動車税はアメリカの30倍、こんなに高いのはなぜ?「確実に回収できる」「財源になっているので減らせない」

11月21日の『モーニングCROSS』(MX系)では、自動車やオートバイ関連の雑誌を出版する「ボイス・パブリケーション」代表の河西啓介氏が、日本の自動車税の高さを訴えた。河西氏によると、現在の自動車税は8兆円以上あるそうで、「税収全体の8%以上を占める」という。

車に関連する税は、購入時、保有中、走行段階などで「自動車所得税」、「軽自動車税」、「石油ガス税」など9種類ある。(文:石川祐介)

「保有段階の税金はなるべく下げて、使った分だけ課税すべき」

富裕層の持つものだった、という歴史も関係しています

河西氏は、これだけ多くの種類の税が設けられているのは、自動車が元々、裕福な人が持つというイメージがあったためだと説明する。「取りっぱぐれがない。買う時、車検時、あとガソリン」と回収機会が担保されている点も、国にとっては魅力的な税金だという。

「財源になっているので減らせないという事情もある。複雑なんだけど合理性がないというか」

自動車取得税は消費税が10%に上がることに伴い廃止される予定だが、代わりに新たな税区分ができる可能性がある。

河西氏は、日本の自動車税が海外と比べても高いと指摘する。自動車税制改革フォーラムの提言書によると、取得・保有段階の税負担は「アメリカの30倍。イギリスと比べても2.5倍」だという。

「買って持つだけで税金がかかってしまうので、若い人は『これでは車が持てない』ということになる」
「税金をシンプルにするのはもちろんですけど、保有する税金はなるべく下げて、多くの人が車を持てるようにする。使った分だけ課税するようにしたほうが良い」

と主張した。

「物流は車をベースにしている。社会的インフラに高い税金をかけるのはいかがなものか」

ジャーナリストの中村竜太郎氏は河西氏の発言を受け「車は社会的インフラじゃないですか。物流はそこをベースにしてるわけですから、税金をかけすぎて負担を与えるのはいかがなものかと思います」と、社会的に見ても高すぎる税金はマイナスだと同調した。

日本の税制度では、「13年以上経つと、15%自動車税が上がる」ことになっている。1台の車を長く使い続けようと思うと税率が上がることに、河西さんは違和感を持っているようだ。

国は消費税の引き上げを機に、自動車取得税以外の税金についても、見直しを検討すべきではないだろうか。

あわせて読みたい

「自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  3. 3

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  6. 6

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  7. 7

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

  8. 8

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    元中国人の選挙出馬に心ない罵声

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。