記事

日韓合意破棄・・安倍総理としてもあまりに安易ではなかったか

韓国がついに、「和解・癒し財団」の解散を決定。慰安婦問題に関して、2015年の日韓合意に基づいて、「最終的、不可逆的な解決」とした取り決めは一体どこに行ったのかという感じになりました。

韓国のこの態度の豹変は許されるものではありません。政府間で公式に合意したものをその後覆すようであれば、正常な国際関係を結ぶことは難しくなります。

しかし、一方で安倍総理も、3年前に日韓合意を結んだ時に、このような結果にならないか、十分な配意をしたのかという問題もあると思います。

当時から既に韓国は「ゴールポストが動く国」と言われていました。そのような国に対して、しかも最もセンシティブな慰安婦問題に関して、10億円という国民の血税を投じて、「最終的、不可逆的な解決」という言葉に飛びついた安倍総理の判断は、あまりに安易ではなかったのか。

こう問われてしかるべきです。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  4. 4

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  5. 5

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  6. 6

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

  7. 7

    日米 北ミサイルめぐり見解相違

    ロイター

  8. 8

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  9. 9

    あおり男暴露した男性に心配の声

    NEWSポストセブン

  10. 10

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。