記事

高度な外国人材にとって日本は魅力なし 国際比較で語学力63か国中61位、生活費の高さ60位で総合順位押し下げ

スイスのビジネススクール「国際経営開発研究所(IMD)」は11月、2018年の世界人材競争力調査の結果を発表した。総合ランキングでは、1位がスイス、2位デンマーク、3位ノルウェーと北欧諸国が上位3位を独占。

日本は29位で、アジアではシンガポール(13位)や香港特別自治区(18位)、台湾(27位)を下回る結果となった。

社員教育は6位、医療機関は12位と高順位だったが……

IMD公式サイトより

ランキングは、63か国・地域を対象に、30項目を点数化して作成された。日本は、技能労働者の雇いやすさや教育による人材育成などが功を奏し、昨年の31位から2つ順位を上げた。しかしアジアの中ではシンガポールや台湾に劣り、ドイツ(10位)やアメリカ(12位)に差をつけられている。

日本の評価を細かく見ていくと、30項目の中で特に順位が低かったのが「企業幹部の国際経験」(62位)だった。「語学力」(61位)、「マネジメント教育」(53位)、「有能な幹部」(55位)の項目も低迷している。英語を操る国際経験豊かな企業幹部を増やす必要があるということだろう。

生活環境の面では、生活費の高さが目立った。家賃を含めた生活費は、ニューヨークを上回り、63位中60位となった。

労働人口に占める女性の割合は43.7%で45位。高度な技能を持つ外国人労働者へのビジネス環境の魅力も50位と振るわなかった。逆に、社員教育は6位と順位が高く、医療機関などの充実度(12位)も高かった。

あわせて読みたい

「日本」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  5. 5

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  7. 7

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  9. 9

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  10. 10

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。