記事

ゴーンのCEO留任でますます複雑になる日産連合の今後

2/2

◆3社連合の先行き懸念

 ゴーンが不正を行い逮捕されたことを受け、世界最大の自動車連合であるルノー、日産、三菱自動車の3社連合体制の先行きは読みづらくなった。すでに、ルノーは取締役会でゴーンのCEO留任を決め、ルノーの筆頭株主であるフランス政府も3社連合の安定性を注視していくとの立場を示している。

 ルノーには、日産が必要だ。その背景には、フランス政府の利害がある。フランス政府は、ルノーと日産の経営を統合し、EV(電気自動車)などの技術を取り込みたい。

 2015年、フランス政府は“フロランジュ法”を制定し、2年以上保有する株式の議決権を2倍にするとした。これは、政府の意向にルノー・日産連合(当時)の経営を従わせることを狙ったものだ。一方、ゴーンは合併に慎重な見解を示し続けた。それは、自らの地位を守るためだろう。

 自動車メーカーとしての実力や足元の経済環境を見ると、日産が独立した企業として事業を運営することは難しくはないだろう。今後のシナリオの一つとして日産自動車が従来以上に独立色を強めた経営を重視する展開はあり得る。

 それが現実的となれば、ルノーとフランス政府が日産自動車の株を買い増すなどして更なる影響力の確保を目指すことなどが考えられる。こうした見方は現時点で判明した情報を基に想定されるシナリオに過ぎないが、日産自動車の経営に多様な利害が複雑に絡んでいることは冷静に把握しておくべきだ。

 今後、捜査の進行とともに、3社連合にどのような変化が生じるかは注意深く見ていく必要がある。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。