記事

ツイッターCEOの写真がインドで炎上 社は軽率だったと謝罪


[ニューデリー 20日 ロイター] - 短文投稿サイト、ツイッター<TWTR.N>のジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)がインド訪問中、ヒンズー教カーストの最高階級バラモンについて「バラモン的な家長父制を打ち砕け」と書かれたポスターを持った写真がツイッターに投稿され、「炎上」した。同社は謝罪した。

写真は、ドーシー氏が先週インドを訪問した際、女性記者、活動家、文筆家などと開いた会合に参加した記者の一人がツイッターに投稿。ドーシー氏が持つポスターには、女性がこの標語を掲げる絵が描かれており、多くのインド国民が気分を害した。

ツイッターの広報担当者は20日、ロイターへの電子メールで「ポスターに表現された心情は、企業としてのツイッター社もしくはCEOとしてのジャックの見解を反映したものではない。この写真が、洞察に満ちたインド訪問を台無しにしたのは遺憾だ」と表明した。

広報担当者によると、ツイッターが主催した会合で、ある女性がカースト制度の外にある不可触民としての自身の経験を語り、会合の最後にこのポスターをドーシー氏にプレゼントしたという。

投稿された写真を見て、数人の著名インド人がバラモンに対する「ヘイト(憎悪)を扇動」したとしてドーシー氏を批判した。

ソフトウエア大手インフォシス<INFY.NS>のT・V・モハンダス・パイ元最高財務責任者(CFO)は「もしジャック(ドーシー)が明日、会合で反ユダヤのメッセージが書かれたポスターを渡されたら、彼のチームは彼がそれを掲げるのを許すのか。それとどこが違うのだ。いかなるコミュニティーに対しても、ヘイトを喚起するのは間違っている」と投稿した。

ドーシー氏のインド訪問に同行したツイッターの法律・政策・信頼・安全責任者、ビジャヤ・ガッデ氏は19日「非常に心苦しく思う。これはわれわれの見解を反映したものではない。いただいた贈り物とともに個人的な写真を撮った。思慮が足りなかった」とツイッターに投稿し、謝罪した。

*カテゴリーを追加します。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  3. 3

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    池袋暴走 高齢者に甘い日本社会

    猪野 亨

  5. 5

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  6. 6

    カレー事件 死刑囚長男の違和感

    篠田博之

  7. 7

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  8. 8

    党首が無職 パワーワードな政党

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    堺市長辞任 追及せぬ議会の事情

    橋下徹

  10. 10

    富士通45歳リストラは少子化招く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。