記事

ドル、2週間ぶり安値から上昇 安全資産買いで=NY市場

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが上昇。上昇率は2週間ぶりの大きさとなった。世界的な株安の中、安全資産に買いが向かったほか、世界経済の成長鈍化懸念が背景。テンパス・コンサルティングのジョン・ドイル氏は「株価が急落し、ドルは今のところ安全資産買いで上昇している」と指摘した。

米連邦準備理事会(FRB)当局者が世界経済の見通しを巡り慎重な発言をし、FRBが利上げペースを遅らせるか、引き締めサイクルを終了する可能性があると示唆したことを受け、ドルは一時2週間ぶりの安値に下落。

午後の取引では、主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.7%高の96.858。11月7日に付けた直近の安値水準からは上昇した。

スコシア・キャピタルの首席為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「投資家が特に対円で大規模なドルロングを維持している中で、FRB見通しに対する市場の疑念が続けば、ドルが下落するリスクは引き続きあるだろう」と述べた。

ユーロは欧州株下落を受けて対ドルで下落。イタリアの銀行株が2年ぶりの安値を付けたほか、欧州連合(EU)とイタリアが予算案を巡り対立を続ける中、イタリア国債が売られた。

終盤の取引でユーロ<EUR=>は0.8%安の1.1365ドル。一時は2週間ぶり高値を付けた。

モルガン・スタンレーの通貨戦略責任者、ハンス・レデカー氏は顧客向けリポートで「米株市場が安定化するには、米国以外の成長が改善するか、FRBがスタンスを和らげる必要がある」などと指摘した。

英ポンド<GBP=>は対ドルで下落したが、対ユーロ<EURGBP>では上昇した。

仮想通貨市場では、仮想通貨ビットコイン<BTC=BTSP>が一時10%値下がり。4300ドルを割り込み年初来安値を更新。終盤では5.4%安の4516.23ドル。

ドル/円 NY終値 112.75/112.78

始値 112.48

高値 112.83

安値 112.31

ユーロ/ドル NY終値 1.1370/1.1372

始値 1.1431

高値 1.1435

安値 1.1359

*表のレートを更新しました。

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  10. 10

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。