記事

【民主主義インタビュー】民主主義は勝ち残れるのか / マイケル・アブラモヴィッチ(フリーダムハウス代表)



工藤:この前、アメリカでの世論調査の結果を拝見しました。アメリカの市民は、アメリカの民主主義を信頼していますか。

弱体化が進行する米国の民主主義

アブラモヴィッチ:私たちが行った調査ですが、ジョージ.W.ブッシュ図書館、バイデン元副大統領がやっているペンバイデンセンターという二つの団体をパートナーとして、大体1、700人ぐらいを対象にした、かなり大がかりな世論調査を実施しました。

 アメリカの民主主義について、アメリカの人々がどう見ているか、ということについて尋ねるのが目的でした。結果としては、良いニュースもあれば、悪いニュースもあるということでした。良いニュースとしては、85%に近い人たちが「民主主義は重要である」、「民主主義国に住むということは非常に重要である」、という回答をしていました。1930年代を見てみると、民主主義の価値ということに関しての危機感は全くありませんでした。しかし、今回の調査では、多くの人が、民主主義が脱線し始めているというふうに考え、既に民主主義は弱体化していて、その弱体化がどんどん進んでいると考えていることが分かりました。こうした懸念は、政党間を超えて皆が持っている問題意識だということです。確かに民主主義は重要ではあるが、その健全性に関しては、どんどん劣化しているという結果でした。

工藤:民主主義の機能の健全性が劣化していると判断している理由は、何だと考えていますか。

巨大化する既得権益への懸念

アブラモヴィッチ:いろいろな要素があるので、一つに括ることはできませんが、第一に、日本とは違っていろいろな制度、特に政府に対する信頼というのがどんどん低下しているという問題があります。それから、マスコミや、その他の機関や制度に対しても、信頼度がどんどん低下しているという問題が挙げられます。特に、私は調査の結果として出た二つのことについて、興味を持っています。

 第一に、民主党や共和党といった政党の支持にかかわりなく、皆が、ビッグマネーが政治に大きく影響を及ぼしていることに対して懸念を感じているということです。すなわち、既得権益がどんどん大きくなっていることです。二つ目として、アメリカ特有の問題かもしれませんが、人種的な問題、そしてそこに正義が存在しないというか、不平等であるということに関しても人々は非常に大きな懸念を持っているということです。

工藤:フリーダムハウスの論文を読んでいますが、民主主義がこの10年間、世界でどんどん後退している。逆に言えば、民主主義という国と、権威主義という国が共存する世界になってきている。民主主義はそうした世界の情勢の中で、勝ち残れるのでしょうか。そして、民主主義が勝ち残るためには何が必要なのでしょうか。

繰り返す民主主義の進化と後退 ―そのメリットを訴え続けることが重要

アブラモヴィッチ:私は、最終的には民主主義が勝ち残ると思います。例えば、歴史的に見てみると、民主主義が進んで、その後、少し後退するということの繰り返しが起こっているわけです。1970年代、サミュエル・ハンチントンが「第三の道」ということに関して論文を書いて、それによってラテンアメリカ、あるいは東ヨーロッパの多くの諸国が民主化を遂げるなど、そうした傾向が数十年続きました。しかし、それがこの10年間位は休止していて、他の方向にぶれているということがあると思います。しかしながら、全体的に見た場合には、やはり民主主義の方向に進んでいると思うので、これからも民主主義が増えていくと考えています。

 私たちがやらなければいけないこととしては、民主主義を採用することでどのようなメリットがあるのか、ということを常に訴え続けていくということ。そして、ただ好ましい価値観があるということだけではなくて、こういった価値観に基づいて、民主主義の下でより多くの繁栄、自由、そして最終的には安全保障といったものが遂げられていく、ということを、何度も訴えていく必要があると思います。そうしたことをやっていけば、長期的には民主主義が勝っていくと思います。

工藤:有難うございました

あわせて読みたい

「民主主義」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  3. 3

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  4. 4

    「先の大戦時の戦術と重なり合う」 宝島社が企業広告で投げかけた日本の政策への疑問

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 20:24

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    東京オリンピック2021を開催するため最低限の案

    西村博之/ひろゆき

    05月11日 20:34

  7. 7

    「原稿が違う」質問と噛み合わない菅首相に野党抗議 #国会騒然 がSNSで話題に

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 21:23

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。