記事

問題作『中学聖日記』に主演する有村架純は「被害者」なのか

【議論百出のドラマ(番組公式HPより)】

「視聴率女優」という存在はある意味酷だ。イメージと異なる役柄に挑戦することで反発も招きやすくなる。有村架純がいま、直面しているのはそういう状況なのかもしれない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *

 有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系火曜日午後10時)は、ある意味興味深い「問題作」です。スタート時から「中学校の教員と生徒の恋愛は犯罪にならないのか」と物議を醸し、「生徒役の岡田健史くんがとても中学生には見えない」といった人物設定に対する不満や、「タイトルがAVを連想させる」という違和感まで議論百出。通常はなかなか見られない異色の反応が耳に入ります。

 では、そもそもテレビ局の思惑はどうだったのでしょう? 事前の見込みとは? もちろんテレビ局は情報産業のプロですし、こうしたマイナスの反響も予想していたはず。となると、「中学生と教師の恋愛」というドラマ設定は、ある意味炎上狙いか?……しかしそれならば高視聴率をゲットしなければ目的は達成されないわけです。

 今のところ視聴率の数字は6~7%あたり。これをいったいどう評価すればいいのでしょうか?

 肯定的な評判も、もちろん無いわけではありません。例えば、大型新人としてデビューした男子生徒・晶役の岡田健史さんについて「超新星」「次回作が楽しみ」「ちょっと前までシロウトとは思えない演技派」といった賛辞が多く目につきます。端正なその顔だち、スラリとした身長、立ち姿が美しく役者向きでしょう。

 一方、演技は……ニコリとしない固い表情、それがまさに若い男性のぎこちなさを的確に表現している、とも言える。強い意志も感じます。まだデビュー作ですから、演技はこれからの伸びしろに期待したいところ。今のところ5000人の候補者から選ばれた将来が楽しみな人材、と言ってよいのではないでしょうか。

 それでは……主役に対する評判はどうなのでしょう? 人気女優でありまさに看板をはっている有村架純さんは? 

 振り返れば昨年のNHK朝ドラ『ひよっこ』で、大評判をとった有村さん。「みねこ人気」で世は沸きました。「茨城弁の訛りが素朴」「笑顔がかわいい」「爽やかで親近感のある可愛さ」と賞賛が集まったことも記憶に新しい。「昭和」という時代を描く『ひよっこ』の脚本にもピタリとはまったキャラクターで、「国民的清純派女優の名を独り占め」とまで言われ、高い評価を得ました。

 明るさや素直さといった「持ち味」にいい形でスポットライトが当たり、まさしく女優として旬を迎え伸び盛りに。「みねこ人気」は衰えず、『ひよっこ』の続編が来年3月に放送されることも決まったばかりだとか。

 その有村さんが、今まさに主役を演じているのが『中学聖日記』。キャッチコピーは「教師としてあるまじき、純愛」。物語はたしかに「あるまじき」のオンパレードです。教師と生徒の禁断の愛だけでなく、叱責に辞職、三角関係に不倫、虐待ととにかく暗くて苦しい出来事が次々に出てくる。物語の筋を「負の出来事」によって展開していく、いわば「ドロドロ系の作品」と言えるでしょう。

 もしもこれが「昼メロ」「深夜帯」ならば確信犯的であり、役者の方も敢えて汚れ役にチャレンジし脱皮を目指す、ということもありうる。例えば放映中のドラマでいえば『あなたには渡さない』(テレビ朝日系土曜午後11時15分)で男を取り合う木村佳乃vs水野美紀などが該当しそうです。

 しかし『中学聖日記』で今主役を張っているのは「国民的清純派女優」と呼ばれている人。よけいに視聴者の目は厳しい。主役の聖について「あざとい」「あまりに浅はか」「可愛くない」「煮え切らない態度にイライラ」「嫌い」と、有村さんのイメージと重なりながら評価は急転換しつつあります。

 一人の女優の評判をガラリ変えてしまう、キャスティングの怖さを思い知りました。

 果たして今回のドラマ、的確なキャスティングと言えるのか。そこに無理はなかったのか。女優としての伸び盛りの時期に、この選択はどうなのか。有村さんがやるべき仕事とは……とさまざまに考えさせられる意味でも、このドラマは波紋を生む「問題作」と言えるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。