記事

投票していないのに「投票した」と答える人が多い理由|札幌市若者支援施設Youth+で話してきました

1/2

インタビュー調査で札幌へ

週末は札幌へ飛びました。

こちらのインタビュー調査は、最終的にはブックレットにまとめる予定です。ブログでも公開できるようしたいと思います。

ユースワークの聖地、札幌にて職員研修

滞在中、ぼくの出張に合わせて、公益財団法人 札幌青少年女性活動協会の職員さんが札幌市内の若者支援施設「Youth+」にて勉強会を開催してくださいました。テーマは、ユースセンターにおいていかに若者の社会形成意識を育むか。そもそも「意識醸成」という啓発アプローチがユースワークの役割か?を出発点に、スウェーデン実践などを紹介しました。

スライドは以下からどうぞ。

最終的には社会におけるユースワーク、ひいては余暇、ソーシャルセクター、そして民主主義、の意義など大きな話になってしまいました。現場職員さんにはかなり抽象的な話だったかと思うけど、例えば実践力に直結するファシリテーション力やプロジェクトマネジメントなどの話しはぼくじゃなくてもできると思い、そんな内容になりました。

そもそも社会参加「意識」を育てるから投票するのか?

話した内容の一部をここで紹介します。

頂いたお題の1つが、若者の「社会形成意識を育む」にはどうしたらいいか?でした。

素直にこの文言に従って、スウェーデンの社会参加の実践をすぐに報告したらよかったのですが、そうはいきませんでした。なぜなら若者の「社会形成意識を育む」という文言は気をつけないと、ある方向付けをしかねないからです。

スライドでは、まずスウェーデンにおける若者の投票率の高さを紹介します。そのうえでしかし、スウェーデンと日本の若者の社会参加の「意識」はそもそもそんなに違うのか?という点を紹介します。実際、スウェーデンの若者よりも日本の若者のほうが本当に社会への意識が高いのか?と思わせる調査結果があります。


平成25年度の内閣府の調査なのですが、この調査によると「あなたは今の自国の政治にどのくらい関心がありますか?」という問いに対して、「非常に関心がある」「どちらかといえば関心がある」と答えた若者は、スウェーデンは46.3%であったのに日本の若者は50.1%だったのです。さらに別のデータでは「社会に役に立ちたいと思っている」日本の若者の割合は増えつつあることが明らかです。

あれ?スウェーデンの若者は投票率は高いのに、政治への意識は日本の若者より低いの?という疑問が湧きます。なぜこうなっているのでしょうか。

あわせて読みたい

「国民投票」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。