記事

マイナス金利は現時点で必要=日銀総裁


[東京 20日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁の20日の衆議院財務金融委員会で、マイナス金利政策について、現時点では大幅な金融緩和の一環として必要との見解を示した。一方、低金利の長期化や競争激化を背景に収益が減少している地域金融機関を巡る厳しい経営環境には、十分に注意が必要と語った。今井雅人委員(立憲)への答弁。

今井委員は、日銀の金融研究所が5日に公表した外部の学者の論文の中で、マイナス金利の撤廃は景気やインフレ率にプラスの影響を与え得るとの趣旨の分析結果を示したことについて、黒田総裁の見解を求めた。

総裁は論文自体について「日銀の公式見解を示すものではない」としながら、「日銀の政策について、いろいろな分析が行われること自体は歓迎すべき」と語った。

そのうえで現行のマイナス金利政策について、ECB(欧州中銀)が資産買い入れの終了後もマイナス金利を含めた低金利を続けていく方針を示していることに触れ、「マイナス金利についてさまざまな議論があることは承知しているが、現時点では大幅な金融緩和の一環として必要なものと考えている」と語った。

総裁は、大規模な金融緩和の推進によって、日本の経済・物価情勢は「はっきりと改善している」と述べる一方、構造要因を含めて物価上昇には時間がかかると指摘。

日銀が「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で示している2020年度までの見通し期間内に物価が2%に達する可能性は低いとも述べ、「こうしたやや複雑な経済・物価の展開のもとでは、物価安定目標の実現に向け、まずは現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが必要だ」とし、「今、さらに追加的な措置をとる必要はない」と断言した。

低金利の長期化と人口・企業数の減少に伴う競争激化が金融機関の収益を圧迫し続けているが、総裁は「地域金融機関をめぐる厳しい経営環境自体については、十分に注意していく必要がある」との認識を示した。

もっとも、不正融資問題で金融庁から行政処分を受けたスルガ銀行<8358.T>については、リスク管理やコンプライアンスの体制に不備があったとし、「大変に遺憾」と語った。

(伊藤純夫)

あわせて読みたい

「黒田東彦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。