記事

古舘伊知郎、63歳のラッパーデビューで「来年の紅白」目指す

YouTubeより

 古舘伊知郎が、11月16日放送の『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)で、64歳にしてラッパーデビューを飾った経緯を明かした。

 ラッパーのSALUとコラボして、11月9日にデジタルシングル『MAKE MY BRAND』を配信した古舘。

「ファッションとハンドメイドをテーマにした『andMade北参道』というアトリエが古舘プロジェクトの事業の一環でオープンした。

 ミシンが何十台もあったり、3Dプリンタでボタンを作ったりできて、自分だけのブランドが作れる。

 そこで『MAKE MY BRAND』というテーマでラップをSALUさんにお願いしたらOKしてくださった」

 過去にSMAP時代の香取慎吾のソロ曲『SKINAIRO』の作詞や中島美嘉の曲などに参加して、7月にはEXILE所属のLDHへ移籍したSALU。  

 そんな彼にブランドのテーマ曲を依頼して、見事にコラボが実現。リリック(歌詞)には古舘も参加して、アイデアを出したという。

「とにかく世代間のギャップを丸出しにしよう、と。『好きにやればいいじゃない?』と言ってるSALUさんに対して、自分は『自分を磨き直せ』と水を差していく嫌なオヤジ。『お互いに一方通行で噛み合わない』というのを狙って、それが交換日記みたいだった」

 30歳以上離れたSALUと共作したが、古舘は「いざリリックができあがると『失踪しよう』と思った。気がついたらラップできない自分に気づいた。難しくて」と、ラップならではのフロウ(節回し)に苦労したという。

 だが、本人の不安をよそに、SALUは「ラップめちゃくちゃ上手です。古舘さんはラッパーです!」と絶賛。

 感激した古舘は「来年の『紅白(歌合戦)』を目指そう。無理なら『ミュージックステーション』」と音楽番組出演を熱望していた。

 曲は配信のほか、YouTubeでも公開され、古舘は「自分の立ち位置微妙 それいちいち無用」など早口で韻を踏んで古舘節を聴かせている。

 過去、古舘はレコードとして1982年に初代タイガーマスク入場テーマ曲『燃えろ!吼えろ!タイガーマスク』を発売。ほかに秋元康作詞のCDシングル『おまえがいれば』などもリリースしてきた。

 現在、ドラマ『下町ロケット』(TBS系)に出演するなど、新たな挑戦を行っている古舘。ラッパーとして「世代間のギャップ」を歌う新たなスタイルでブレイクするかもしれない。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。