記事

セクハラ疑惑は上司と上司の上司に即弁明

対人関係で悩んだときに、どんな解決策をとればいいのか。評論家の佐々木常夫氏と哲学者の岸見一郎氏。2人の達人に、5つの「場面別」でアドバイスを求めた。第4回は「セクハラを疑われた」について――。(全5回)

※本稿は、「プレジデント」(2017年3月20日号)の掲載記事を再編集したものです。

■【QUESTION】セクハラを疑われた

佐々木の答え:上司と、上司の上司にだけ無実をわかってもらえばいい

■酒を飲んでタガが、外れないよう要注意

取り返しのつかないセクハラの多くは酒席で起こります。酒の席での失敗は高くつく。私は口が酸っぱくなるほど、部下に何度もいってきました。酒に弱い人や飲んで乱れがちな人は飲むなと。飲めると思う量の半分に抑えなさいといっています。

写真=iStock.com/mediaphotos

セクハラ問題の難しいところは、同じ言動でも相手によって受け止め方が違う点。肩に手を置かれても、親しみの表れと好意的に取られることもあれば、生理的に耐え難いと思われることもある。ただ、ふつうのオジサンが何かすれば即セクハラになるでしょう。

もしも身に覚えのない疑惑をかけられた場合は、きちんと弁明しておかないと大変なことになります。ただし、周りの全員にわかってもらおうとしなくてもいい。たとえ「何かやらかしたらしい」と噂されても、直属ともうひとつ上の上司にだけは理解してもらえるように努めること。それ以外の人は大して影響力を持っていませんから。

ただし、酔った席での出来事だと、記憶が曖昧で己の身の潔白を自信を持って主張できないのが辛いところ。その意味でも、酒席は要注意です。

「ふつうのオジサンが何かすれば即セクハラ」

岸見の答え:感情的に反論したり、くどくど弁解は逆効果

■「あいつに限って」と思ってもらえるか

あらゆる人間関係の問題の中で、セクハラ疑惑ほど予防が重要なトラブルはないでしょう。予防のポイントは2つ。ひとつはセクハラの基準をきっちり把握すること。何がセクハラに当たるのか、いまだに多くの男性は無頓着。たとえ悪気はないとしても、「君はいつ結婚するの?」なんていったら即アウトです。「そんなつもりじゃなかった」が通用しないのがセクハラの厄介なところだと心得ましょう。

こういうことにピンとこない人は1度、勤務先の就業規約などを見直しておくことをお勧めします。今は世間的にコンプライアンスも厳しくなり、「これぐらいならセーフ」というボーダーラインが、どんどん下がっている。社内でセクハラの相談があれば、会社はしかるべき対処をしなければならないことが労働契約法でも定められていますから、会社にも守ってもらえません。

もうひとつの予防原則は、日頃から上司や同僚と信頼関係を築いておくこと。間違っても「だらしのない奴」という印象を持たれてはいけません。セクハラ疑惑をかけられたとき、「あいつに限ってそんなことをするはずがない」と思ってもらえるか、「ああ、やりかねないな」と思われるかは、ひとえに日頃の振る舞いにかかっているのです。

もしセクハラを疑われた場合、本当に潔白なのであれば、事実無根だとはっきり否定するしかありません。感情的に反論したり、くどくど弁解したりすると、身に覚えがあると疑われて逆効果になります。

「勤務先のガイドラインをチェックしましょう」

----------

佐々木常夫
佐々木マネージメント・リサーチ代表
1944年生まれ。69年、東京大学経済学部卒業後、東レに入社。2001年に同期トップで取締役に。03年、東レ経営研究所社長に就任。10年より現職。 

岸見一郎
哲学者
1956年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。京都聖カタリナ高校看護専攻科非常勤講師。共著書『嫌われる勇気』は155万部のベストセラーに。 

----------

(佐々木マネージメント・リサーチ代表 佐々木 常夫、哲学者 岸見 一郎 構成=小島和子 撮影=大沢尚芳、森本真哉 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  7. 7

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  8. 8

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  9. 9

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。