記事

娘が父の介護を嫌がる理由はオムツ換え

1/2

実母は介護できても、実父や義父の介護は抵抗がある。介護経験のある50~70代の女性400人に聞いたうち、介護経験のある人は105人(26.3%)。その中で、実母を介護した人は64.8%だったのに対し、実父は36.2%、義父は19.0%と差が出た。調査をした「ハルメク 生きかた上手研究所」の梅津順江所長は「プロでも実父や義父の介護は難しい。施設やヘルパーを活用したほうがお互いにいい」という。なぜなのか――。

娘による親の介護「実母は多いが実父が少ない理由」


※写真はイメージです(写真=iStock.com/Nayomiee)

「ハルメク 生きかた上手研究所」では、50~60代を中心とした女性400人に、「介護の意識と実態に関するwebアンケート」(※1)を行いました。シニア女性向け雑誌『ハルメク』の2018年12月(11月10日発売)号の「介護」特集に向け、介護の現状を知ることを目的としたものです。

※1:webアンケート調査時期は2018年7月。回答者は、50代前半が158人(39.5%)、50代後半が95人(23.8%)、60代前半が61人(15.3%)、60代後半が53人(13.3%)、70代以上が33人(8.3%)。

女性400人のうち、「現在もしくは過去に家族の介護経験がある」人は、105人(26.2%)でした。この経験者105人に、介護したことのある家族の続柄をすべて教えてもらいました。(※複数回答)

多い順に並べると、

実母(68人/64.8%)
実父(38人/36.2%)
義母(32人/30.5%)
義父(20人/19.0%)
配偶者(7人/6.7%)
それ以外の家族(9人/8.6%)

娘が「実母」を介護した・している割合が群を抜いて多いことがわかります。

誰がどのように(誰と)看たのか?

大多数を占めたのは「親(実父・実母)の介護」でしたが、50~70代の女性=娘(※2)は、誰の協力を得て両親を介護したのでしょうか。

105人のうち、実母・実父・義母・義父の介護経験のある101人に聞いてみたところ、結果は次の通りでした。

きょうだいと協力(32人・31.7%)
外部の施設・ヘルパーと協力(24人・23.8%)
自分ひとり(23人・22.8%)
配偶者と協力(13人・12.9%)

きょうだいと力を合わせて、というパターンが多いようです。ただし、介護する女性(娘・嫁)も、被介護者が実母、実父、義母、義父の誰であるかによって「介護する方法」が異なります。

「実父や義父は施設にお任せしたい。オムツをかえるのが嫌」

実母・実父を介護する場合、下記の数値のように、やはり「きょうだいと協力」してというケースが最も多かったのですが、次に「自分ひとり」、さらに、「外部の施設・ヘルパー」という順番になりました。

▼実母の介護経験者(62人)

きょうだい(22人/35.5%)

ひとり(18人/29%)

外部の施設・ヘルパー(15人/24.2%)

配偶者(2人/3.2%)

子供(1人/1.6%)

他(4人/6.5%)

▼実父の介護経験者(16人)

きょうだい(5人/31.3%)

ひとり(4人/25%)

外部の施設・ヘルパー(2人/12.5%)

配偶者(1人/6.3%)

他(4人/25%)

「外部の施設・ヘルパー」より、「きょうだいと協力」や「自分ひとり」というケースが多いのは、なぜでしょうか。それは「後悔したくない」という気持ちが強いからではないでしょうか。介護は大変とわかっていても、他人任せにできず、自分もしくは血のつながったきょうだい間で親を看取ろうと覚悟を決めているということでしょう。また、「周囲の目が気になるから、親を見捨てられない」といった意識もありそうです。

娘が実親を介護する際、「外部の施設・ヘルパー」の力を借りる人の割合は「実母」の場合で約24.2%、「実父」の場合で約12.5%と、実母を介護するケースのほうが多い結果となっています。しかし、このアンケートとは別に介護体験者12人に聞き取り調査した際、こんな意見が出ました。

「父も娘に対してプライドがあるのでしょうね」


※写真はイメージです(写真=iStock.com/doomko)

●Kさん、59歳(女性):実母を介護「母は自分が看るけど、実父や義父は施設にお任せしたい。オムツをかえるのが嫌です。父も嫌だろうし、私も嫌。だから、父にそうなったら施設に入ろうね、と話している」

●Sさん、62歳(女性):実父を介護「結果的に、実父は施設だった。私が父のオムツをかえようとしたら父は嫌がった。父も娘に対してプライドがあるのでしょうね。そういう意味で私は父の介護はしていない」

娘が実父を看る場合のほうが、潜在的な「介護の壁」が高くて厚いのかもしれません。娘はやはり「異性である父親のシモの世話」に抵抗感があり、父も「父親としての役割や威厳を保ちたい」というプライドがあります。つまり、生物学的な性差(セックス)だけでなく、社会的・文化的な性差(ジェンダー)も、娘が異性である父を看る際の「壁」につながるのではないかと考えられます。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  3. 3

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  6. 6

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  7. 7

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

  8. 8

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    元中国人の選挙出馬に心ない罵声

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。