記事

値段で変わってく医療 多発性骨髄腫における移植に関する考え方

骨髄腫の勉強会に参加しました。その中で骨髄腫に対する幹細胞移植のあり方についてとても示唆に富む意見が日本の骨髄腫の大御所からなされました。

『医療経済から考えると、幹細胞移植(他人のもの)を上手く使うのは医療費を下げるいい手段なのかもしれない』

他人の幹細胞移植。それこそ究極の免疫治療です。そこそこの危険性があり、高度な医療レベルを必要とします。

ただ骨髄腫での今までの移植成績は白血病などと比べて悲惨なものでした。しかし最近移植をすることで長期生存が得られる症例が増えてきているのは事実のようです。

まだ移植後のQOL、治療関連死、治療効率などいろいろな問題があるのですが、再発して5000万のCARTを使うことを考えると、再発防止のために1000万未満の幹細胞移植はありなのではという提言です。

骨髄腫の治療がかなり進歩して患者の状態がいい時に移植できる、治療によってMRD陰性というほぼ治癒の症例が出てきているなど、昔では考えられない医療の進歩からの提言ですが、ほぼ命がけの治療だった幹細胞移植が、お金の点からこのように捉えられることに歴史を感じます。

多発性骨髄腫、昔の白血病のようにまだまだ治療は混沌としてます。その意味でもしっかり考えてやっていきたいと思います。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。