記事
  • 連合
  • 2018年11月16日 15:09

過労死の根絶を!~労働組合の役割~

1/2

働き方の改善が「一次予防」のカギ
まず、労働組合のある職場から過労死ゼロの実現を

過労死ゼロへ、職場では何に取り組むべきなのか。労働時間の長さや働き方が、働く人の心身の健康や企業経営に及ぼす影響について、多様な労働者・企業データを用いて分析を行った慶應義塾大学の山本勲教授は「長時間労働、特に不払い残業(サービス残業)の増加が健康悪化の要因になっている。労働組合は率先して働き方の改善に取り組んでほしい」と投げかける。

ー問題提起 長時間労働の影響と労働組合の役割ー


山本 勲 (やまもと・いさむ)
慶應義塾大学商学部教授
慶應義塾大学商学部卒業。同大学院商学研究科修士課程、ブラウン大学経済学部大学院博士課程修了。専門は、応用ミクロ経済学、労働経済学。著書に『労働時間の経済分析−超高齢社会の働き方を展望する』(共著、日本経済新聞出版社、第57回日経・経済図書文化賞受賞)、『労働経済学で考える人工知能と雇用』(三菱経済研究所)など。

サービス残業増加がメンタルヘルスの悪化要因に

長時間労働や働き方が、労働者の心身の健康、そして企業の収益率にどんな影響を与えているのか分析したところ、メンタルヘルスの悪化には、長時間労働、特にサービス残業の増加が大きく影響していることがわかった。働き方では、「突発的な業務が生じることが頻繁にある」ことや、「まわりの人が残っていると退社しにくい」という職場風土が悪化要因になっている。さらに、メンタルヘルス不調者が増加している職場では、まわりの人も不調を感じるという回答が増える。休職者が出ると、残された労働者の仕事量が増え不調になる、あるいは職場に共通した何らかの問題が生じている可能性がある。

企業データ分析では、直接的な対策より、フレックスタイムなどのワーク・ライフ・バランス施策を導入している企業のほうが、休職者比率が低かった。ワーク・ライフ・バランス推進組織を設置した企業では生産性の向上がみられる一方、メンタルヘルス休職者が増えている企業は、利益率が顕著に低下していた。

労働時間規制の適用除外による労働時間の増減も検証した。管理監督者、裁量労働者と一般の労働者を比較すると、リーマンショック後の不況期に適用除外者の労働時間が急増していることがわかった。不況期にはどうしても労働者の交渉力が弱くなる。高度プロフェッショナル制度が導入されたが、その適用範囲の拡大は慎重に考えるべきだ。

職場で働き方の改善を進めれば、労働者の心身の健康が確保され、過労死の一次予防となり、企業業績向上にもつながる可能性がおおいにある。

労働組合として恥ずべき状況では

過労死防止対策を進める上で、職場の労働組合は非常に重要な役割を担っている。問題が起きた時、個人の要因だけでなく、職場に共通する要因を洗い出し、それを企業とともに改善していくことこそ、労働組合の役割であり、責任だ。

そして、労働組合の最も重要な役割は、労働者を守ること。だとすれば、これほど長く過労死がなくならない状況は、恥ずべきことだ。その責任を重く受け止め、「過労死を許さない」という姿勢を強く打ち出してほしい。そして「組合にさえ入っていれば過労死はない」という状況をつくることができれば、労働組合の存在意義も高まるはずだ。

もう一つ過労死が起きる職場風土の根底には、過当競争、お客様第一の発想がある。この解決には、経済学的には、不当に価格を安くしないことが最も重要だが、過当競争に走る企業経営に「ノー」と言えるのは、やはり労働組合。労働に適正な価値をつけ、社会全体で過当競争を許さないという取り組みを進めてほしい。

ー労働組合の取り組みー

過労死ゼロへ、労働組合は今、どんな問題意識を持ち、どんな取り組みを進めているのか。自動車総連、UAゼンセンの取り組みを紹介する。

自動車総連:「START12」運動で労働時間を個別に把握


中川義明
自動車総連副事務局長
過労死等防止対策推進協議会委員

 自動車総連には、12労連・1100組合が加盟し、組合員数は約78万人。メーカー、車体・部品、販売、輸送、一般の職場があり、多種多様な働き方が存在することから、12労連の枠を超えた業種別部会を設置して働き方の課題についても取り組んでいる。
総労働時間は、近年高止まり傾向にあり、平均2100時間超。車体・部品や輸送部門で時間外労働が多く、特にドライバーの長時間労働は大きな課題だ。また、販売部門では有休取得率が低く、年間平均5日程度。職種も企業規模も異なるため、一律に取り組みを進めることは難しいが、それぞれの職場の実態にしっかり目を向けながら、現在、3つの活動を進めている。

1つめは、総労働時間短縮に向けた12労連による「START12」運動。組合員の時間外労働時間、年休取得実績を個別に把握し、それをもとに単組の目標を設定し、労働時間をテーマとした労使協議を定期的に開催して改善を進めている。

2つめは、36協定については、法定の限度時間である「月45時間・年360時間」を下回る水準で締結し、特別延長時間については、上限を「年間720時間」「単月80時間」に設定し、研究開発職も適用除外としない。ドライバーも、2023年までに、確実に「年間960時間以下」への引き下げをめざす。

3つめが、勤務間の休息時間の確保に向けた取り組み(勤務間インターバル制度の導入)。導入した組合から、効果が出ているとの報告が寄せられており、これはしっかりと進めていきたい。

UAゼンセン:「労働時間の上限規制等」の基準を設定


松井 健
UAゼンセン政策・労働条件局長

 UAゼンセンは、2017年9月時点で、加盟組合数2428、組合員数は170万人、うち短時間組合員が99万人。製造産業部門、流通部門、総合サービス部門がある。私は、労働安全衛生を担当している。加盟組合でも過労死事案が発生している。
年間総実労働時間は、製造産業部門が1900時間半ば、流通、総合サービス部門は2000時間台後半で推移している。ハラスメントに関する組合員調査では、「勤務先で見聞きした」が3割弱、顧客からの迷惑行為については7割が「経験あり」と回答した。これを受けて、現在、悪質クレーム防止への取り組みも進めている。

労働時間短縮については、年間1800時間をめざして取り組んできたが、その目標だけでは過労死等の問題には対応できない。そこで、「健康確保のための労働時間の上限規制等の基準」を設定した。時間外労働は1日3時間、1カ月45時間、1年360時間とし、やむをえず特別条項を結ぶ場合も1カ月80時間未満、週1日の休日は必ず確保し、24時間につき11時間の休息というインターバル制度の考え方を入れた。深夜労働については交替制が原則だが、深夜専業で働く組合員も相当数いる。専業の場合でも、3日勤務したら最低1日は休むという基準を設定した。
勤務間インターバル規制導入については、春の労働条件改善闘争において同業種でまとまって交渉を行い、成果をあげている。

あわせて読みたい

「労働組合」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  3. 3

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  4. 4

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  5. 5

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  6. 6

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  7. 7

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  8. 8

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  9. 9

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  10. 10

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。