記事

原油先物は安定推移、OPEC減産の可能性が支援


[シンガポール 16日 ロイター] - アジア時間の原油先物はほぼ変わらず。石油輸出国機構(OPEC)による減産の可能性が相場を支援する一方、米国の生産増加が圧迫要因となっている。

0132GMT(日本時間午前10時32分)時点で、米WTI原油先物<CLc1>は0.12ドル高の1バレル=56.5ドル。

北海ブレント先物<LCOc1>は0.07ドル高の66.69バレル。

モルガン・スタンレーは、OPECの減産は期待される効果が得られない可能性があると指摘した。「ベンチマークの北海ブレントとWTIはライトスイート原油で供給過剰を反映している」が、「OPECの減産は通常ミディアムやより重質な原油で実施されるため、ライトスイートの供給過剰を解決しない」という。

OPECが減産を検討するなか、米エネルギー情報局(EIA)が15日発表した週間原油生産は日量1170万バレルと過去最高を更新した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  10. 10

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。