記事

ハラスメント法整備でWiMNが院内集会(宮本有紀)

右から三浦氏、圷氏、井上氏、内藤氏。(撮影/『週刊金曜日』編集部)

日本にはハラスメント自体を禁じる法律の規定がなく、男女雇用機会均等法が事業主にセクシュアルハラスメント(セクハラ)防止措置を義務づけるのみ。現在、厚生労働省の労働政策審議会雇用環境・均等分科会では均等法改正議論が進められ、セクハラ対策も論点となっている。そこで、「メディアで働く女性ネットワーク(WiMN)」は8日、「セクハラ法整備を考える11・8院内集会」を衆議院第一議員会館内で開催。弁護士ら識者を招き、実効性ある法整備のあり方について話し合った。

労働政策研究・研修機構副主任研究員の内藤忍氏は「均等法29条に基づくセクハラ措置義務違反の行政指導はできるが、訴える人がいないと指導が入らない。また行為自体が禁止されていないため労働局が禁止行為と判断できない。禁止規定と、それに基づいて労働局か独立した機関が禁止行為と認定できるしくみが必要」と発言。

日本労働弁護団で、現在は出産を機に正社員から契約社員にされたマタニティハラスメント(マタハラ)案件の代理人を務める圷(あくつ)由美子弁護士は「裁判所は均等法を使わない。行政指導に使うもので自分たちの使うものではないという意識。

同法の『関連指針』には出産理由で正社員の有期雇用への変更を強要することは許されないと書いてあるが、裁判所は、それは指針で司法をしばるものではないと言う。だからハラスメント禁止を法律ですることが必要」と法規制の必要性を主張した。

労政審分科会の労働者側委員である連合総合男女・雇用平等局長の井上久美枝氏は今年のILO(国際労働機関)総会で「仕事の世界における暴力とハラスメント」に関する条約策定方針を確認し来年に条約採択を目指していることなども解説し「国内法整備は喫緊の課題。ハラスメント全般を規制する包括法の中にセクハラ、パワハラを規制する形が望ましい」などと述べた。

候補者男女均等法成立に尽力した政治学者の三浦まり氏は経験を踏まえ「山への登り方はいろいろな道がある。セクハラ新法やハラスメントの包括的規制法をつくるか均等法改正か。閣法か議員立法かでもアプローチは異なる」と指摘。

トークセッションでは「均等法は規制相手が事業主なのでセクハラをしてはならないという規定はおきにくい。規制を書いても裁判に使われないのでは意味がない」「事業主規制という均等法の理念を変えたらどうか」「抜本的改正が難しいなら新法をつくる方が早い」などの意見が交わされ、WiMN代表世話人の林美子氏は「問題点が指摘され論点が明確になった。今後も勉強を続けていく」と話した。

(宮本有紀・編集部、2018年11月16日号)

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。