記事

高所得者が低所得者より一人飲みするワケ

1/2

高所得者と低所得者の「時間の使い方」にはどんな違いがあるのか。雑誌「プレジデント」では、年収2000万円と年収500万円のビジネスパーソン150人ずつにアンケートを実施。その違いを探った。第3回は「家族&飲食」について――。(全4回)

※本稿は、「プレジデント」(2017年5月15日号)の掲載記事を再編集したものです。

家族編
長時間労働でも「家族との食事」「子どもとの休日」を大事にする2000万

平日に家族と過ごす平均時間は、低所得者のほうが全体的にやや長めだ(図1)。ただし、ここで経済評論家、投資家として活躍する加谷珪一氏が注目したのは、高所得者の「1時間台21.3%」という数字。「おそらく高所得者のほうが、多忙でも家族との時間をより積極的につくりたいと思っているのでは。高所得者は残業が多くて退社時間も遅く、家で過ごす時間は少ないはず。だからこそ、何とか1時間は確保したいと頑張っているのでしょう。夫婦仲や家族関係がうまくいかないと、仕事に悪影響を及ぼす可能性がありますから」。

実際、お金持ちはかなりの割合で夫婦仲がいいそうだ。中小企業オーナーの場合、夫婦で事業をいとなんでいたり、妻が社員のマネジメントをサポートしたりするケースも多い。「仕事が忙しくて家のことにべったり関わる時間のない外資系企業のエリートたちは、短時間でも妻の話をよく聞いていないと家庭のマネジメントが効率的にできないという背景もある」(加谷氏)。

高所得者は家族との朝食も大事に考えているようだ(図2)。忙しい中でも何とか家族と一緒に朝食をとろうとする姿勢が窺える。「朝きちんと起きて、食事をとるというルーチンワークができているのは計画的に物事を進めているということ。おそらく朝5時に起きてランニング、朝食後メールチェックといった予定が組まれているのでしょう。このストイックともいえるほどの規則正しさが、仕事の高い生産性、高収入につながっているのでは」(加谷氏)。

この傾向は夕食についても同じで、高所得者のほうが家族と一緒にとっている人が多い(図3)。計画を立て、時間を上手にマネジメントして家族との時間を捻出している様子が窺える。

子育てに関わる日数についても、2~3日になると高所得者のほうが圧倒的に多い。時間がない中でも限界ラインの2~3日は確保しようという姿勢が見て取れる(図4)。また休日の過ごし方についても、高所得者のほうが子どもとふれ合うことの優先順位が高かった(図5)。

あわせて読みたい

「年収」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。