記事

NY市場サマリー(15日)

[15日 ロイター] - <為替> 英ポンドが急落した。英政府は前日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)協定の暫定合意案を閣議了承したが、これに抗議してラーブ離脱担当相が辞任したことを受けポンドが売られ、1日の下落としては対ユーロで2006年10月、対円で2月下旬以来の大きさとなった。EU離脱協定の暫定合意案を巡ってはラーブ氏のほか、マクベイ雇用・年金相らも辞任を表明。メイ首相の不信任投票を求める動きもあり、メイ氏は厳しい局面に立たされている。

ポンド相場がブレグジット問題で翻弄される中、ドルと円に対する安全買いが加速。ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのアナリストは、英国の政治的な先行き不透明性が高まっていることで、ポンドのボラティリティーが高い状態が続いている」と指摘。「ラーブ氏の辞任を受け、ポンドは上昇と下落を繰り返し、翻弄されている」と述べた。

午後の取引でポンドは対ドル<GBP=D3>で1.49%安の1.2789ドル、対円で1.63%安の145.18円。対ユーロ<EURGBP=D3>では1.83%安の88.675ペンスとなっている。

ユーロは対ドル<EUR=EBS>で0.28%高の1.1342ドル、対円で0.25%高の128.81円。対円では一時0.55%下落していた。

イタリアのコンテ首相が2019年予算案について、制裁金の回避に向け欧州委員会とともに取り組んでいく姿勢を示したと報じられたことがユーロの支援要因となった。

ドルは円に対し0.04%安の113.575円。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が前日に経済見通しに対し慎重な見方を示したことがドルの上昇を抑制する要因となった。

<債券> 国債価格が高めに推移し、利回りは2週間ぶり水準に低下した。英国のEU離脱協定素案を巡る懸念を背景に、安全資産を求める動きが広がった。

終盤の取引で10年債利回り<US10YT=RR>が3.11%と、前日終盤の3.12%から低下した。30年債利回り<US30YT=RR>は3.36%と、前日の3.355%からやや上昇した。2年債利回りは2.858%で、前日の2.862%から下がった。

リフィニティブのデータによると、10年物の米英<GB10YT=RR>国債利回り格差は一時174ベーシスポイント(bp)と、1984年6月以来の水準に拡大した。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が一部の業界幹部に対し、米中通商協議が進められる中、米政府は中国製品に対する新たな関税措置の導入を保留していると明らかにした。匿名の関係筋の話として報じた。一方、USTRの報道官はこの報道を否定した。

午後に報道が伝わると、利回りは最低水準から上向いた。米国株も報道を受けて急伸、国債利回りの低下は限定された。

<株式> 反発して取引を終えた。米国が新たな対中関税の発動を保留するとの報道を受け、両国間の摩擦緩和に期待が広がった。英紙FTによると、ライトハイザーUSTR代表が一部の業界幹部に対し、米中通商協議が進められる中、米政府は中国製品に対する新たな関税措置の導入を保留していると明らかにした。この報道を受けて株価は当初の下げからプラスに転じた。ライトハイザー代表の報道官が関税の計画に変更はないと述べ、報道を否定すると、株価は上げ幅をやや縮小したが、引け前の30分で再び上昇が加速した。

アップル<AAPL.O>が6営業日ぶりに反発したことでハイテク株も上昇。アップルは2.5%高、S&P情報技術指数<.SPLRCT>も2.5%上昇した。シスコシステムズ<CSCO.O>は5.5%高。前日発表した四半期決算で売上高と利益がいずれも市場予想を上回った。

一方、百貨店のディラーズ<DDS.N>は第3・四半期の利益が市場予想に届かず14.8%急落。JCペニー<JCP.N>も第3・四半期の既存店売上高が予想を下回ったことなどを嫌気して売られたが、その後、最高経営責任者(CEO)が黒字化に向けた計画を示したことを手掛かりにプラスに転じ、11.5%高で引けた。

ウォルマート<WMT.N>は2%安。第3・四半期決算は既存店売上高が市場予想を上回り、通期の利益予想も引き上げたが、ディラーズやJCペニーのさえない決算が影を落とした。KBホームズ<KBH.N>は第4・四半期の売上高見通しを下方修正したことが嫌気され、15.3%安となった。

電力会社PG&E<PCG.N>は6営業日続落し、30.7%の大幅安。カリフォルニア州の山火事で自社設備の不具合が原因だと認定された場合、損害賠償額は保険の適用額を上回り、財務状況に「重大な影響」を与える恐れがあると指摘した。

<金先物> 英国のEU離脱を巡る先行き不透明感を背景に安全資産としての買いが入り、続伸した。中心限月12月物の清算値は前日比4.90ドル(0.40%)高の1オンス=1215.00ドル。

英政府は前日、EU離脱協定案を臨時閣議で承認。しかし、メイ首相がまとめた合意内容について反発も強く、この日はラーブEU離脱担当相ら複数の閣僚が相次ぎ辞任を表明するなど、この先の議会承認は難航するとの見方が強まっている。こうした中、この日の外国為替市場では英ポンドがドルに対して急落。金塊相場はドル上昇に伴う割高感に圧迫されたものの、欧米の株安などに支えられてプラス圏を維持した。このほか、朝方には小売売上高など一連の米経済指標が発表されたが、全体的に強弱まちまちの内容となったため、相場の反応は限定的だった。

<米原油先物> 米石油製品の在庫減少を好感した買いや値頃感による買い戻しなどが入り、続伸した。米国産標準油種WTIの中心限月12月物の清算値は前日比0.21ドル(0.37%)高の1バレル=56.46ドル。1月物の清算値は0.24ドル高の56.68ドル。

米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した9日までの1週間の米原油在庫は前週比1030万バレル増と、増加幅は市場予想(ロイター拡大版調査)の320万バレルを大幅に上回り、8週連続の積み増しとなった。一方、ガソリン在庫は140万バレル減(予想は150万バレル減)、ディスティレート(留出油)在庫は360万バレル減(同170万バレル減)と、いずれも取り崩しとなった。

統計発表直後は強弱まちまちの内容に売り買いが交錯したものの、間もなく石油製品の在庫減少に注目した買いが優勢となった。また、原油相場は今週に入り約1年ぶりの安値を付けていたことから、前日に続きこの日も安値拾いの買いが入りやすかった。

また、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国が2019年に日量最大140万バレル規模の減産を検討しているとの報も相場を押し上げる要因となった。ただ、国際エネルギー機関(IEA)とOPECが今週、少なくとも2019年前半は、場合によってはそれ以降も、世界の石油供給が需要を大幅に上回ると警告したことから、上値は抑えられた。

ドル/円 NY終値 113.62/113.65 <JPY22H=>

始値 113.47 <JPY=>

高値 113.70

安値 113.11

ユーロ/ドル NY終値 1.1326/1.1330 <EUR22H=>

始値 1.1311 <EUR=>

高値 1.1362

安値 1.1289

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 100*10.00 3.3584% <US30YT=RR>

前営業日終値 100*12.00 3.3550%

10年債(指標銘柄) 17時05分 100*04.00 3.1103% <US10YT=RR>

前営業日終値 100*01.50 3.1200%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*23.00 2.9362% <US5YT=RR>

前営業日終値 99*20.75 2.9520%

2年債(指標銘柄) 16時27分 100*01.00 2.8580% <US2YT=RR>

前営業日終値 100*00.75 2.8620%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 25289.27 +208.77 +0.83 <.DJI>

前営業日終値 25080.50

ナスダック総合 7259.03 +122.64 +1.72 <.IXIC>

前営業日終値 7136.39

S&P総合500種 2730.20 +28.62 +1.06 <.SPX>

前営業日終値 2701.58

COMEX金 12月限 1215.0 +4.9 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1210.1

COMEX銀 12月限 1426.3 +18.3 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1408.0

北海ブレント 1月限 66.62 +0.50 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 66.12

米WTI先物 12月限 56.46 +0.21 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 56.25

CRB商品指数 185.5385 ‐2.5179 <.TRCCRB>

前営業日終値 188.0564

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  5. 5

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  10. 10

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。